鈴木愛理“瞳”、片寄涼太“推し=修一”から食事に誘われ!?

鈴木愛理“瞳”、片寄涼太“推し=修一”から食事に誘われ!?

記事画像

鈴木愛理と片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が共演するドラマNEXT『推しが上司になりまして』(テレビ東京系、毎週水曜24:30~)の第3話が、10月18日に放送される。

同ドラマは、各電子書店で好評配信中の漫画・森永いと、原作・東ゆきによる同名作が原作。人生のどん底にいた主人公・中条瞳(鈴木)がひょんなことから出会った、光り輝く<2.5次元の舞台俳優・桐生斗真(片寄)>と恋に落ちるジェットコースター・ラブコメだ。片寄は、舞台俳優・桐生斗真=瞳の上司・高城修一役を演じる。

第2話の放送後、推し=修一の隣に立てない瞳の心情について、SNS上では「“わかる”が止まらない」「誰でもこうなる」などの声が上がっていた。

<第3話あらすじ>
部長・高城修一(片寄)の歓迎会で酔いつぶれてしまった中条瞳(鈴木)。目が覚めるとタクシーの中で、修一に膝枕をされていた。タクシーが着いた場所はなんと瞳の家だった。家の中まで送ろうとする修一に、瞳は大慌て!

翌日、瞳は思わず修一を避けてしまうのだが、修一は瞳を食事に誘うなど、グイグイ近づいてくるのだった。倉吉素子(ゆりやんレトリィバァ)は「仲良くなっちゃえ!」とけしかけ……。

そんな中、瞳はヲタ友のケイコ(高柳明音)やマキ(佐藤晴美)たちとの「推し友の会」の日を迎える。瞳は推し=斗真が上司になったことを、まだ仲間たちに打ち明けられておらず……。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?