齊藤京子、天海祐希の“言葉”がヒントに「深愛になりきろう!」【連載PERSON】

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 齊藤京子がドラマ『泥濘の食卓』で主人公を演じることに。
  • 役作りに天海祐希のアドバイスが活かされ、声色や口調を変える。
  • ドラマ撮影の現場は和気あいあいとしており、共演者との信頼関係も深い。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

齊藤京子、天海祐希の“言葉”がヒントに「深愛になりきろう!」【連載PERSON】

記事画像

人生に影響を与えたテレビ番組を軸に、出演作品の話題からその人のパーソナルな部分にも迫るインタビュー連載「PERSON~人生を変えたテレビ番組」。今回は、土曜ナイトドラマ『泥濘の食卓』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の主演を務める日向坂46の齊藤京子さんです。

2016年の『けやき坂46(ひらがなけやき)オーディション』に合格し、デビューを果たした齊藤さん。アイドル活動だけでなく、テレビ朝日にて放送中の冠番組『キョコロヒー』でMCを務めるなど、活躍の場を広げています。そんな齊藤さんが次に挑むのは、ドラマ主演。これまで日向坂や坂道グループでのドラマ主演はありましたが、単独で主演を務めるのはこれが初めてとなります。

齊藤さんが初主演を務める『泥濘の食卓』は、2016年に「悪い夢だといいのにな」で「第75回ちばてつや賞の大賞」に輝いた伊奈子さんが手掛ける同名漫画が原作。純粋すぎる愛を持つ主人公・捻木深愛の思いが、狂気となって不倫相手の家庭に寄生していき、やがて泥濘へと引きずり込んでいく、異色の“パラサイト不倫”ストーリーです。

齊藤さんは、深愛をどう理解し、どうやって演じたのでしょうか。役作りについて聞いてみると、『キョコロヒー』で共演した天海祐希さんの“言葉”がヒントになったようです。

「夢が叶った」ドラマ主演――声色を変えて挑む主人公・深愛役

――単独でのドラマ出演が初めてということで、決定を聞いた際はどのような気持ちになりましたか?

マネージャーさんと打ち合わせをしている時に「決まったよ」と言われたのですが、1回では聞き取れないくらい驚きました。日向坂や坂道グループでのドラマは何度か経験があったのですが、単独というのは初めてだったので、本当に衝撃的でした。ですが、今年最初にアップしたブログ投稿に「今年はドラマに出てみたいな」と書いていたので、夢が叶ったなと嬉しくなりました。

――「主演」ということについてはどう感じましたか?

実は、未だに実感が湧いていません(笑)。まだ「こんな大役を任せていただいて良いのかな?」と思っています。光栄ですし、感謝してもしきれないです。

――原作、または台本を読んだ際の印象を教えてください。

面白くて一気に読み終えてしまいました。

――そんな深愛を演じる上で難しかったこと、意識したことはありますか?

私は地声が低いのですが、原作を読んで受けた印象で「この声は深愛ではないだろうな」と思い、声色から変えようと思いました。また、私はよく落ち着いてサバサバしていると言われるのですが、その性格も深愛と真逆です。しかし、役作りに関しては、真逆だからこそ作りやすい部分がありました。

――安里麻里さんが監督を務めるのも本作のポイントに。演技について何か話したことはありますか?

やはり声のことですね。少しトーンを明るめにして、語尾を上げてかわいらしくするようにと。また、話す口調もゆっくりにして、些細なところから深愛を意識できるようにと話しました。

――共通点があまりないとのことですが、かけ離れた役を演じる面白みは感じますか?

『キョコロヒー』に天海祐希さんがゲストできてくださった際、「今後、自分と全く違う役がきた時はどうすれば良いですか?」とお聞きしました。その時、「ここでしかできないから、思い切りその役になりきって楽しんじゃえばいいんだよ」と言われて。その言葉をモットーにして、「今は深愛になりきろう!」と思って演じています。

――なぜその質問をしたのですか?

以前、舞台『サザエさん』でワカメちゃんを演じたのですが、今後、そのような真逆なキャラが来た時にどうすれば良いかを聞こうと思ったのですが、今思うと、今回に繋がっていたなと。あの時、この質問をして良かったと思いました。

――撮影現場はどのような雰囲気ですか? 

作品の内容はダークですが、現場はすごく明るいです。スタッフさんが面白い人ばかりで、ダジャレが飛び交っていて、和気あいあいとしています。

――共演者の皆さんとはどんなコミュニケーションを取っていますか?

皆さんとても優しいです。私がお芝居の経験が少ないので「ここってどうしたら良いですか?」と質問すると、すごく丁寧に教えてくださいます。間近でお芝居を見られるだけでも勉強になりますし、お芝居が圧巻なんですよね。まるで映画を観ているような気分になって。

有村架純に「すごい!」様々な作品で演技を勉強

――ここからは、齊藤さんとテレビの関わりについて聞かせてください。齊藤さんが影響を受けたテレビ番組はありますか?

好きなドラマは『プロポーズ大作戦』です。「何回見たんだろ?」というくらい、何度も繰り返し見ました。スペシャルも含めてDVDは全部持っています。

――そこまで好きになった理由は?

物語が好きなんです。『プロポーズ大作戦』は一番好きな作品だったので名前を挙げましたが、昔から恋愛ものが好きで、映画もドラマも恋愛作品ばかり見てきました。

――これまでたくさん見てきたからこそ、この作品に活かされる部分もあるかもしれないですね。

この作品への出演が決まってから、色々な作品を見たのですが、中でも映画『花束みたいな恋をした』の有村架純さんの演技は「すごい!」と思いました。台詞の言い方や表情に注目していたのですが、「私だったらこの台詞をここまでナチュラルに言えるだろうか?」など考えさせられる場面がたくさんありました。

――今見ているオススメの番組も教えてください。

バラエティをよく見ているのですが、オススメと言われると『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』です。面白くて、大好きです!

――最後に、放送を楽しみにしている視聴者へメッセージをお願いします。

撮影での一つひとつのシーンが「原作のあのシーンだ!」と聖地巡礼している気分になりました。皆さんも原作を読んだ上でドラマを見ると、より面白さが増すと思います。一つのエンターテインメントとして見てもらえたら嬉しいです。

取材・文:米田果織
撮影:フジタヒデ
ヘアメイク:宇賀持萌
スタイリスト:ALCATROCK

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?