片寄涼太、八木勇征とグループを超えて共演!『ハイエナ』第4話に内藤秀一郎とゲスト出演

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 『ハイエナ』第4話にGENERATIONSの片寄涼太と内藤秀一郎がゲスト出演することがわかった。
  • 片寄は世界的名ピアニスト佐々石亮を、内藤はそのマネージャー国枝聡司を演じる。
  • FANTASTICSの八木勇征も出演し、片寄と同じ所属事務所のメンバーとして初共演する。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

片寄涼太、八木勇征とグループを超えて共演!『ハイエナ』第4話に内藤秀一郎とゲスト出演

記事画像

篠原涼子と山崎育三郎がW主演を務める『ハイエナ』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第4話(11月10日放送)に、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と内藤秀一郎がゲスト出演することがわかった。

2020年に韓国で大ヒットし、同年には百想芸術大賞で「TV作品賞(ドラマ)」「TV脚本賞」「TV女性最優秀演技賞」「TV男性最優秀演技賞」の4部門にノミネートされた弁護士ドラマの金字塔『ハイエナ-弁護士たちの生存ゲーム-』をリメイク。「勝つ為なら手段を選ばない雑草魂の弁護士」と「法曹一家に生まれたエリート弁護士」の対照的な2人が、生き馬の目を抜くような生存競争を繰り広げる。また、法曹界での生き残りを賭けたスリリングな展開に加え、大人のラブストーリーも程よくブレンドされた、ただの法廷モノではない見応え深い物語となっている。

そんな本作の第4話にゲスト出演する片寄が演じるのは、世界的に有名な天才ピアニスト・佐々石亮役。そして内藤は、佐々石亮のマネージャー・国枝聡司役を演じる。

佐々石亮は、第1話で一条怜(山崎)が大ファンだと話した天才ピアニスト。結希凛子(篠原)もまた、怜へのハニートラップを仕掛けるため、必死で研究し尽くした思い出深い相手。CDショップで2人仲良く彼のCDを聞いたり、怜が部屋でCDを手に取り凛子とのデートを回想したりと、実は第1話・第2話にも登場していた。

さらに、レギュラー出演しているFANTASTICSのボーカル・八木勇征は、片寄と同じ所属事務所の後輩。2人が同じシーンでグループを超えて共演するのは、これが初となる。果たして、どんな絡みを見せるのか?

<片寄涼太(佐々石亮役)コメント>
自分が子供の頃からテレビを通して拝見していた素晴らしい俳優の先輩方とご一緒させていただけることに、緊張感とともにワクワクする気持ちを抱きました。ピアニスト役という経験したことのない役どころにも、新たな挑戦として一生懸命取り組もうと思いました。演奏シーンもあり、それに向けての準備の時間も、役づくりのひとつになったと感じています。とても個性の豊かなキャラクターが出演しているドラマで、とくに篠原涼子さん演じる結希凛子と山崎育三郎さん演じる一条怜の関係性を個人的にもとても楽しく拝見させて頂いています。そんな2人の間に1話から登場していた、私が演じるピアニスト佐々石亮の物語が、どうこの作品で展開されるのか、今までの話のなかにも散りばめられたヒントにも目を向けながら、楽しんでご覧頂けたらと思います。後輩の八木勇征演じる谷原との絡みもあるので、見逃さずに楽しんでいただけたら嬉しいです。

<内藤秀一郎(国枝聡司役)コメント>
とても素晴らしい役者の方々の演技を間近で見られる喜びと、その近くで自分もお芝居をすることができる幸福感でいっぱいになりました。マネージャーという職業は、僕自身の身近にいる存在なので、その役を演じることができるのはとても楽しみでした。純粋に佐々石亮のことを支えてあげたいけど、力不足で支えることができず、亮に辛い思いをさせてしまって申し訳ない。そんな葛藤と戦っているマネージャー国枝を是非ご覧ください。片寄さんとは3回目の共演なんですけど、今回が1番仲良くなれました!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?