菊池風磨、“本物の風磨”探し中に事件勃発で「散らかりすぎこの企画」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 海荷が菊池風磨を当てるクイズで怒られた1人が逃げ、屋上から銃を構える事件が発生。
  • 事件の真相を突き止められず、番組が予期せぬ方向に展開する。
  • 菊池からは顔のパネル越しに企画の方向性を懸念する指摘が出た。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

菊池風磨、“本物の風磨”探し中に事件勃発で「散らかりすぎこの企画」

記事画像

川島海荷が11月6日放送の『何か“オモシロいコト”ないの?​​』(フジテレビ系、毎週月曜23:00~)にゲスト出演。本物の菊池風磨(Sexy Zone)を当てるはずが、ある事件に巻き込まれる。

今回は、菊池の顔を模した特注マスクを使った「クイズ本物の風磨はどれだ!?」の第2弾。川島がオフィスにいる20人の菊池たちを観察していると、ホワイトボード脇には営業成績が悪く怒られている“怒られ風磨”と“上司風磨”を発見。クビを宣告された“怒られ風磨”はオフィスを飛び出し、どこかへ行ってしまう。2回目のチャレンジで、川島が“上司風磨”に目を向けると、上司の眉間に赤いポインターのような光が。カメラが光の出所を追うと、向かいのビルの屋上には銃を構えた“怒られ風磨”がいて……。

さらに、オフィスで突然の停電が発生。明かりが戻ると、床には前半分だけスーツを着て倒れている“びんぼっちゃま風磨”がおり、風磨殺人事件に発展。モニタリングしていた川島と長谷川忍(シソンヌ)は「待って待って、やばくないですか」「とんでもないことが起こっちゃった」と動揺を見せるが、なかなか当ててもらえず顔はめパネルで登場した菊池が「趣旨かわっちゃってんだわ」「散らかりすぎこの企画」と鋭いツッコミを連発。企画したスタッフたちからは笑いが起こっていた。

第1弾に引き続きカオスな企画に、SNS上では「パネル越しの文句に笑った」「ストーリーあるの面白すぎ」「犯人は誰だったんだ」といった感想が寄せられていた。また、TVerでは番組の最後に収録後の特別映像も公開中。

次回11月13日の放送には、北乃きいがゲスト出演する。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?