鈴木愛理“瞳”、片寄涼太“修一”の新たな一面を知りドキドキ

鈴木愛理“瞳”、片寄涼太“修一”の新たな一面を知りドキドキ

記事画像

鈴木愛理と片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が共演するドラマNEXT『推しが上司になりまして』(テレビ東京系、毎週水曜24:30~)の第6話が、11月8日に放送される。

同ドラマは、各電子書店で好評配信中の漫画・森永いと、原作・東ゆきによる同名作が原作。人生のどん底にいた主人公・中条瞳(鈴木)がひょんなことから出会った、光り輝く<2.5次元の舞台俳優・桐生斗真(片寄)>と恋に落ちるジェットコースター・ラブコメだ。片寄は、舞台俳優・桐生斗真=瞳の上司・高城修一役を演じる。

第5話の放送後、瞳と斗真=修一のキスシーンに注目が。SNS上では「なんだこの夢のような展開は」「妄想したことある」「ニヤニヤが止まらん」といった声が見られた。

<第6話あらすじ>
ある日の日曜日、部長の高城修一(片寄)に図書館に誘われた中条瞳(鈴木)。そこで修一は、子供達に月一で読み聞かせをしていた。子供達に囲まれ、優しい笑顔で読み聞かせをする修一。新たな一面を知り、瞳はドキドキが止まらない!

そんな中、読み聞かせのボランティアに来ていた高校生・美月(平美乃理)が何やら怪しい行動をしていて……。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?