鈴木愛理“瞳”、片寄涼太“斗真”に疑いの目「彼女がいるのでは?」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 鈴木愛理と片寄涼太主演のドラマの第8話が11月22日放送される。
  • 瞳は修一が電話で「智花」と呼んだ相手について気になり、彼女がいるのではと疑う。
  • 二転三転する「智花」情報に混乱する瞳だが、修一とのデートで癒される。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

鈴木愛理“瞳”、片寄涼太“斗真”に疑いの目「彼女がいるのでは?」

記事画像

鈴木愛理と片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が共演するドラマNEXT『推しが上司になりまして』(テレビ東京系、毎週水曜24:30~)の第8話が、11月22日に放送される。

同ドラマは、各電子書店で好評配信中の漫画・森永いと、原作・東ゆきによる同名作が原作。人生のどん底にいた主人公・中条瞳(鈴木)がひょんなことから出会った、光り輝く<2.5次元の舞台俳優・桐生斗真(片寄)>と恋に落ちるジェットコースター・ラブコメだ。片寄は、舞台俳優・桐生斗真=瞳の上司・高城修一役を演じる。

第7話の放送では、推しの斗真=高城修一(片寄)とデートした中条瞳(鈴木)に対して、斗真の推し友だったケイコ(高柳明音)がとった行動に、ネット上では「ケイちゃんが優しすぎる」「ケイちゃん理解ありすぎじゃない!?」「良い子すぎる」といった声が見られた。

<第8話あらすじ>
残業をしている高城修一(片寄)に差し入れを届けようと会社に向かった中条瞳(鈴木)は、修一が電話の相手を“智花”と呼んでいるのを偶然聞いてしまい、大ショック。

修一の電話の相手が誰なのか気になってしょうがない瞳。もしや彼女? 私は騙されてるの? 色々妄想するものの、修一に直接確かめることができずにいた。

そんな中、疲れた修一を癒すためのデートが決行されるのだが、二転三転する“智花”情報に、瞳は混乱し……。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?