濱田崇裕が初参戦!岩本照、塚田僚一、菅田琳寧が『SASUKE2023』に出場

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 『SASUKE2023』には今大会初参戦の濱田崇裕を含む多数の有名人が出場する。
  • 若手アーティストやスポーツ選手に加えて、過去の名残り選手も参戦する。
  • 高校生選手権から選出された生徒3人も出場し、森本裕介らベテランも再挑戦する。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

濱田崇裕が初参戦!岩本照、塚田僚一、菅田琳寧が『SASUKE2023』に出場

記事画像

昨年節目の40回を迎え、新たな第一歩を踏み出す『SASUKE2023~第41回大会~』(TBS系)が、12月27日(水)18時から5時間にわたって放送される。これまで8回『SASUKE』に出場してきた岩本照(Snow Man)が今年も出場するほか、塚田僚一(A.B.C-Z)、菅田琳寧(7 MEN 侍)に加えて、今大会には濱田崇裕(WEST.)が初参戦する。

お笑い界からは『キングオブコント2023』を制した赤羽健壱(サルゴリラ)をはじめ、霜降り明星の粗品とせいや、兼近大樹(EXIT)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)など肉体自慢の芸人たちが参戦。そして今年の目標を「『SASUKE』出場」と公言していたアーティストのあのが有言実行の初出場! また、9人組グローバルグループ「&TEAM」のサブリーダー・FUMA、4人組男性ダンスボーカルグループ「OWV」の実力派ダンサー・佐野文哉ら芸能界からの新星にも注目。乃木坂46から佐藤楓、日向坂46から東村芽依も3年連続の参戦が決定した。

そのほか、樽美酒研二(ゴールデンボンバー)が復帰! 喜矢武豊とともに金爆旋風を巻き起こす。日本人女性で史上3人目の1stステージクリアを狙うフワちゃんの挑戦も必見。スポーツ界からは、現役を引退したばかりのWBC元日本代表・松田宣浩が初参戦。キックボクシング世界王者・武尊、東京五輪ソフトボール金メダリスト・山田恵里、パリ五輪代表が内定している柔道世界選手権3連覇の角田夏実などトップオブトップが『SASUKE』に挑む。

昨年の40回大会にも出場した長野誠の息子・塊王くんと山田勝己率いる山田軍団「黒虎」最年少の中島結太くん。2人の中学生が今年も揃って参戦する。レジェンドの遺伝子を継ぐ2人が『SASUKE』の新たな歴史の1ページを開く。さらに今年初開催した、高校生による『SASUKE』出場権争奪戦『SASUKE甲子園』(12月3日にBS-TBSで放送)を勝ち抜いた高校生3人も憧れの緑山の舞台に立つ。

昨年の大会で3度目の完全制覇まであと一秒に迫った “サスケくん”こと森本裕介、そして昨年のファイナリスト多田竜也と山本良幸はもちろん、ミスターSASUKE・山田勝己、長野誠、山本進悟は今大会も健在。もちろん漆原裕治、川口朋広、日置将士ら実力派たちも参戦する。

民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、500人が挑んだ 最終予選会を配信中。さらに『水曜日のダウンタウン』で過去に放送された「ホームセンター×SASUKE」などの「水曜日のダウンタウン SASUKE 傑作選」が、本日11月23日正午から配信スタートする。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?