上白石萌歌“英子”にトラブル発生!向井理“孔明”の“天下泰平の計”は無事成功するのか?

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 向井理が主演するドラマ「パリピ孔明」の最終話が11月29日に放送。英子をステージに立たせようと孔明が計画を考える。
  • 関口メンディー演じる前園ケイジがKABEを仲間にしようとするが、孔明はKABEを突き放す。英子はケイジが会場を潰そうとすることを知る。
  • 『サマーソニア』当日、英子が会場に着く途中で姿を消してしまう。孔明の計画は成功するのか、英子はステージに立てるのか。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

上白石萌歌“英子”にトラブル発生!向井理“孔明”の“天下泰平の計”は無事成功するのか?

記事画像

向井理が主演を務めるドラマ『パリピ孔明』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の最終話(第10話)が11月29日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

原作は、累計発行部数160万部突破の「ヤングマガジン」(講談社)にて現在も連載中の大人気コミック「パリピ孔明」(原作:四葉タト、漫画:小川亮)。中国三国時代の天才軍師・諸葛孔明(向井)が現代の渋谷に若かりし姿で転生し、歌手を目指す一人のアマチュアシンガー・月見英子(上白石萌歌)のために、魔法のような作戦を考えては、彼女の前に立ちはだかる壁を軍師のごとく切り崩し、成功に導いていくサクセスストーリー。劉備役で出演するディーン・フジオカが、ナレーションも担当する。なお現在TVerでは、第1話~第3話のほか、アニメ版も配信中。

先週放送された第9話では、英子をつぶそうとする前園ケイジ(関口メンディー)が、自分の仲間にするべくKABE太人(宮世琉弥)に接近。孔明はそんなKABEを引き留めるどころか、冷たい言葉で突き放そうとして……。

<最終話あらすじ>
超大型音楽フェス『サマーソニア』前日。前園ケイジ(関口)の事務所ではケイジのゴーストライターをするイースト・サウスの南房(休日課長)と東山(石崎ひゅーい)が新曲を披露していた。ケイジは2人に新たな仲間としてKABE太人(宮世)を紹介する。だが南房は、KABEに「ここだけは辞めとけ」と告げる。

一方、月見英子(上白石)はケイジがオーナー小林(森山)への逆恨みBBラウンジを潰そうとしていることを聞く。諸葛孔明(向井)は「明日の『サマーソニア』のことだけを考えてください」と英子に伝える。そして迎えた『サマーソニア』当日。小林は英子を会場まで車で送ろうとするが、通行止めなどのトラブルが発生し、身動きが取れなくなる。そこへ猛スピードでやってきた1台のバイク。乗っていたのはミア西表(菅原小春)だった。英子はミアの後ろに乗り、会場へと向かうが……。

その頃、イースト・サウスの2人は孔明の元を訪ねていた。孔明は2人に「英子と共に『サマーソニア』のステージに立ってほしい」とメールを送っていたのだ。一方、会場に到着したはずの英子が姿を消してしまい……。英子は無事ステージに立つことができるのか? そして孔明の“天下泰平の計”は無事成功するのか――!?

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?