谷原章介演じる“不倫サレ夫”の「ウソつき奥さんのご帰宅だ」に鳥肌!『偽装不倫』第7話

谷原章介演じる“不倫サレ夫”の「ウソつき奥さんのご帰宅だ」に鳥肌!『偽装不倫』第7話

記事画像

杏が主演を務めるドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系、毎週水曜22:00〜)の第7話が、8月21日に放送。第7話では、鐘子(杏)の前で、姉・葉子(仲間由紀恵)の夫・賢治(谷原章介)と不倫相手の風太(瀬戸利樹)が鉢合わせする事態に。このピンチを鐘子はどう切り抜けるのか!?

原作は電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載中の東村アキコによる同名コミック。杏が演じる濱鐘子は、恋愛らしい恋愛をしたこともないまま気がつけば、「アラサー」「パラサイトシングル」「婚活疲れした派遣社員」などと不名誉なタグが全身に貼りついてしまった、32歳の「おひとり様女子」。ある日、1年間の派遣契約を終えた鐘子は一人旅に出かけた飛行機の中で、年下のイケメンカメラマン・丈(宮沢氷魚)と出会う。思いがけず旅先で食事をすることになるが、鐘子は自分が既婚者だと嘘をついてしまう。

公式HPで公開されている第7話の予告映像では、葉子が「(賢治のことを)愛してないの」と鐘子に告げたり、賢治が1人暗い部屋の中で「ウソつき奥さんのご帰宅だ」とつぶやいたりするシーンが……。

<第7話あらすじ>
丈(宮沢)から「大好きだ」と言われて指輪をもらった鐘子(杏)。「これは、丈が私のことを好きだという“絶対的な確信”なのでは!?」と思いながらも、丈が、人妻だと思っている自分に指輪をくれた本当の気持ちがわからずに悩んでしまう……。そして丈も、夫のいる鐘子に指輪をプレゼントしてしまったことを後悔していた……。

一方、風太(瀬戸)のボクシングの試合を観に行き、賢治(谷原)との熱海旅行をドタキャンした葉子(仲間)は、鐘子にアリバイ作りへの協力をお願いする。濱家では、葉子の嘘を疑う賢治が、表面上は平静を装いながら2人を待っていた。不気味な空気が漂う中、葉子は思いつきの嘘で修羅場を切り抜けるようとするが……。

翌日、鐘子は賢治に呼び出される。鐘子の相談に乗るふりをしつつ、葉子について探りを入れてくる賢治に焦る鐘子。なんとか誤魔化すものの、そこにバイト中の風太が偶然通りかかり、姉の夫と不倫相手が鉢合わせする大ピンチに陥ってしまう!

そんな中、まさ子(田中道子)に連れられて灯里(MEGUMI)の店を訪れた鐘子は、丈と話したいと思うものの、現れた丈にどこか冷たい態度をされてしまい……。

関連記事(外部サイト)