小池栄子、黒木啓司ら『旦シェア』キャストが「マンゴーたいそう」披露!ウェブ上で公開

小池栄子、黒木啓司ら『旦シェア』キャストが「マンゴーたいそう」披露!ウェブ上で公開

「マンゴーたいそう スペシャルエディション」公開!

小池栄子主演の連続ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)の劇中内に登場し、話題になっている「マンゴーたいそう」を、ドラマキャストと番組スタッフらで踊る映像がウェブ上で公開された。

同作は、同じ男性と事実婚の関係を結んでいた3人のシングルマザー・晴美(小池)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)が、シェアハウスで共同生活をしながら亡くなった“夫”の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていくストーリー。

今回、劇中内の架空の幼児向け番組で元体操のお兄さんこと小林よしひさが踊る「マンゴーたいそう」(振付:小林よしひさ 音楽:和田俊輔)に、妻役である小池、りょう、岡本の3人とその子役たちをはじめ、夫・恭平役の平山浩行、シェアハウスの管理人・文江役の夏木マリ、その雑用係役の赤楚衛二、恭平殺害の謎を追う刑事・美保役の渡辺真起子、そして事件の実行犯・森雄作役の黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)らが挑戦。華麗なダンスを披露している。

出演者の中でも、特にキレキレの踊りを披露している黒木は、「5話の本編では森雄作という人柄を忠実に演じたのですが、今回のマンゴーたいそうは、“黒木啓司“として全力でやりすぎて、自分アレンジになっちゃいました(笑)。小林よしひささんが振付したマンゴーたいそうを、是非、覚えてもらって、テレビの前で一緒に踊ってください」とコメント。

第8話(8月22日放送)では、身の回りで起こりゆく事態に翻弄されていた妻たちが夫の死の真相を知り、自らの決断と行動を起こしていく。そして、ついに夫殺害の計画犯が明かされ、物語の最終章突入を目前に急展開を迎える。

ドラマとともに、キャスト・スタッフたちがこぞって参加した「マンゴーたいそう スペシャルエディション」もチェックしてみては?

関連記事(外部サイト)