「橋本愛の芝居は嘘や誤魔化しがない」ラブコール叶い高畑充希の同期役で出演決定『同期のサクラ』

「橋本愛の芝居は嘘や誤魔化しがない」ラブコール叶い高畑充希の同期役で出演決定『同期のサクラ』

橋本愛

橋本愛が、高畑充希が主演を務める新水曜ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、10月スタート、毎週水曜22:00〜)に、高畑演じるサクラの同期役で出演することがわかった。

『過保護のカホコ』(2017年)制作チームが集結し、高畑は脚本家・遊川和彦と再びタッグを組む。高畑が今作で演じるのは、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない、忖度できない主人公・サクラ。物語はサクラが駆け抜けた10年間を、1話ごと1年ずつ丁寧に描いていく。2009年春、スーパーゼネコンの最大手「花村建設」の入社式に、明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。名前を「サクラ」という彼女の夢は「故郷の島に橋を架ける」こと。しかし、新入社員研修で「どうしても自分を貫いた」ことで、会社人としての歯車が徐々に狂いだす……。

橋本が演じるのは、入社後配属までの研修期間、サクラと同じグループになった5人のうちの1人となる月村百合。自分の夢にひたむきで、決して忖度しないサクラとは対照的に、クールで、場の空気を読むが、常に「自分の居場所」を探しているイマドキの若者を演じる。

ドラマでは、サクラの駆け抜けた10年間が1年1話ずつ描かれていくが、百合はサクラの「生き様」を10年間、一番近いところで目撃し続ける同期となる。花の「ユリ」のように、大きく艶やかに咲きほこり、濃厚な香りも漂わせすらりとした茎に咲く「華麗な花」。大地にしっかりと根を張り、どんな風雨にも負けず花を咲かせる桜とは対照的だ。常に変わらないサクラと共に10年を過ごし、成長していく百合に注目だ。なお、橋本が民放の連続ドラマにレギュラー出演するのは、なんと5年ぶり。また日本テレビの連続ドラマの出演は初めてとなる。

<橋本愛 コメント>
沢山の勇気を持って生きる百合さんという女性を、勇気を持って演じたいと思います。変わらないことの美しさと同等に、変わることの美しさをお伝えできれば。沢山の人の思いや生き方を肯定できるように頑張ります。そして1人でも、「こんな風に生きたい」と思ってもらえるように。

<脚本・遊川和彦 コメント>
橋本さんとはずっと前から一緒に仕事したくてたまりませんでした。彼女の芝居は、嘘や誤魔化しがなく、少し不器用だけど、いつも真剣だから。初めて会った時も、いい作品を作るためには、逃げないでチャレンジしてくれる人だと感じ、やっぱりなと嬉しくなりました。今まで見たことないような橋本愛の芝居を引き出し、沢山の人に喜んでもらえたらいいなと祈りながら、今は本を書いてます。

<プロデューサー・大平太 コメント>
橋本さんには、何度もラブコールを送りましたが、今回の作品で実現したことに何かの「縁」を感じています。高畑充希さんの持つ「溢れ出るようなエネルギー」と橋本愛さんの「秘めたるパワー」が、遊川脚本で化学反応を起こしてくれることを期待してます。

関連記事(外部サイト)