須賀健太、25歳の誕生日にスタート!『江戸前の旬season2』渡辺裕之の親子タッグ再び

須賀健太、25歳の誕生日にスタート!『江戸前の旬season2』渡辺裕之の親子タッグ再び

須賀健太と渡辺裕之

10月19日(土)からBSテレ東にて、須賀健太主演の真夜中ドラマ『江戸前の旬 season2』(毎週土曜24:00〜)の放送が決定。このスタート日は、須賀の25歳の誕生日となる。

本作は、1500万部を誇る「江戸前の旬」(原作:九十九森、劇画:さとう輝)を原作とし、銀座に店を構える「柳寿司」の家に生まれた柳葉旬(須賀)が、父・柳葉鱒之介(渡辺裕之)の厳しくも愛情ある指導と常連たちの応援で、寿司職人としての腕を上げていくさまを描いた奮闘記。1年の時を経て『season2』として登場する。

『season2』では、銀座・「柳寿司」の三男坊・旬は、父であり、二代目である鱒之介の病をきっかけに、本格的に店を継ぐ決意を固くする。そして、さらなる高みを求めて父の師匠に修行を請うことに。心を込めて寿司を握るとはどういうことか? 伝統の握りとは? あるものを得て店に戻った旬の新たな意気込み、そして、旬のひらめきの才能や技にほれ込む常連たちや新しい客との人情味あふれるエピソードを情感豊かに描いていく奮闘記。もちろん寿司の美味さやウンチクも盛沢山となっている。

今回の発表に伴い、須賀と渡辺からコメントが到着。以下に紹介する。

<須賀健太コメント>
ーー『江戸前の旬 season2』のドラマ放送が始まることを聞いた時の率直な感想をお聞かせ下さい。

主演させていただいた作品がシリーズ化するというのは素直にとても嬉しかったですし、 漫画の中のエピソードをまた歩めるというのも幸せだなぁと思いました。

ーー今まで出演したドラマや舞台での続編を演じた時に意識することは何ですか?

“積み重なっている深み”は出せるように心がけています。その役や作品に触れている時間が長い分、役と共に成長していく様をそのまま反映出来るようになれたらいいなと思います。

ーー『season2』では旬の「試練」「高み」「人生日々修行」を描きますが、 須賀さんの人生において 記憶にある一番の試練は何でしたか?

18歳ごろからは、関わらせて頂くどの作品もその時の最大の試練であり、最大の試練になるように心がけています。そういう意味では旬くんのような職人さんと同じように、“人生日々修行”の精神かもしれません。

ーー視聴者の方へ見どころを、もしくは「作品への意気込み」をお聞かせください。

以前、大阪からの帰りの新幹線で 「江戸前の旬よかったよぉ〜!『season2』やらないの?」と声をかけて下さったおじさま! そして視聴者の皆様! お待たせしました!(笑)江戸前の旬が帰ってきます!! 旬くんの成長はもちろん、たくさんの人間ドラマと美味しいお寿司をまたお届けできたらと思います。

<渡辺裕之コメント>
ーー『江戸前の旬 season2』のドラマ放送が始まることを聞いた時の率直な感想をお聞かせ下さい。

前回に引き続き出演できて、またお話頂き、心底嬉しかったです。

ーー今まで出演したドラマや舞台での続編を演じた時に意識することは何ですか?

外見含め 作ったキャラクターを大事にしながら 少しづつ進化させる事です。

ーー『season2』では旬の「試練」「高み」「人生日々修行」を描きますが、渡辺さんの人生において記憶にある一番の試練は何でしたか?

いつでも 今が試練の時です。

関連記事(外部サイト)