三浦春馬と芳根京子が共に反撃を開始!!『TWO WEEKS』新章「逆襲編」スタート

三浦春馬と芳根京子が共に反撃を開始!!『TWO WEEKS』新章「逆襲編」スタート

芳根京子、三浦春馬

三浦春馬が主演するドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜)の第7話が8月27日に放送されるが、この回からいよいよ第2章「逆襲編」に突入。放送を前に、ついに行動を共にすることになった結城大地と月島楓をそれぞれ演じる三浦春馬と芳根京子からコメントが到着した。

同作は、殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城が、白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。結城を追う新米検事・月島役として芳根、結城の元恋人・青柳すみれ役として比嘉愛未、結城を追い詰めていく刑事・有馬海忠役として三浦貴大、悪徳実業家・柴崎要役として高嶋政伸、国会議員・久我早穂子役として黒木瞳が出演する。

第6話のラストで、柴崎の秘密を収めたデジカメの中身を確認した結城と月島。そこに映っていた映像から、柴崎とつながる黒幕の正体が久我であることが明らかになった。第7話からは、結城と月島が協力し、宿敵・柴崎、黒幕・久我に立ち向かっていく。警察、検察、柴崎一派、さらには病院で結城を待つすみれやはなを巻き込んだ策略と裏切りの数々が繰り広げられる。

予告映像で描かれている、「俺は明日、出頭する」という発言が意味する結城の秘策とは? 2人でタッグを組み反撃を開始するにあたり三浦は、「2人の反撃をスリリングでエンタメ感あふれる展開でお届けします。敵対する登場人物たちの気持ちを揺さぶられるようなストーリーも描かれていくので、そこも『TWO WEEKS』後半戦を楽しむキーポイントです」とコメント。芳根は、「視聴者の方には“散らばった点”に見えていた要素が一つに繋がっていきます。物語はここからさらにスピードがあがっていきますし、最後までこのドキドキ感や爽快感は失わずに進んでいきますので、後半戦もたくさんの人に楽しんでもらえたらと思います。第7話、めちゃくちゃ面白いです!」と見どころを語った。

<第7話あらすじ>
結城(三浦春馬)がようやく手に入れたデジカメには、柴崎(高嶋)と久我(黒木)が密談する様子が映っていた。母親のように慕う久我の裏の顔を知った月島(芳根)は衝撃のあまり言葉を失い、放心状態に。すると次の瞬間、灰谷(磯村勇斗)が2人に襲いかかり、デジカメは柴崎の手に渡ってしまう。

すみれ(比嘉)から、結城が8年前と今回の事件で何者かに無実の罪を着せられ、命をも狙われていると聞いた有馬(三浦貴大)は、すみれが元恋人を案じていることに少なからずショックを受けるが、それでも、手術を控えるはな(稲垣)のために結城を死なせるわけにはいかないと、8年前の事件の捜査資料を読み、やがて月島が当時の事件関係者だったことに気付く。

そんななか、はなが入院している病院では、ある騒ぎが起きる。何者かが結城の友達を名乗り、はなの病室に侵入したのだ。男が結城のことを探っていたと聞き、ピンときた有馬が担当看護師に確認すると、侵入者は柴崎だと判明。薄汚いやり方に、はなを利用されたと怒り心頭の有馬は、すぐさま柴崎のオフィスへ。しかし反対に、はなが確実に移植手術を受けられるよう、ある取引を持ちかけられる。

一方、デジカメを奪われ、柴崎に対抗する手立てを失った結城は、突然、月島に出頭すると告げる。しかし、そこにはある思惑があり……。

関連記事(外部サイト)