瀬戸利樹演じる風太に既婚者だとバレた葉子…2人を影から見つめる賢治にゾクっ…『偽装不倫』第8話

瀬戸利樹演じる風太に既婚者だとバレた葉子…2人を影から見つめる賢治にゾクっ…『偽装不倫』第8話

記事画像

杏が主演を務めるドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系、毎週水曜22:00〜)の第8話が、8月28日に放送される。

原作は電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載中の東村アキコによる同名コミック。杏が演じる濱鐘子は、恋愛らしい恋愛をしたこともないまま気がつけば、「アラサー」「パラサイトシングル」「婚活疲れした派遣社員」などと不名誉なタグが全身に貼りついてしまった、32歳の「おひとり様女子」。ある日、1年間の派遣契約を終えた鐘子は一人旅に出かけた飛行機の中で、年下のイケメンカメラマン・丈(宮沢氷魚)と出会う。思いがけず旅先で食事をすることになるが、鐘子は自分が既婚者だと嘘をついてしまう。

<第8話あらすじ>
ついに「本当は独身なんだ」と丈(宮沢)にメールをした鐘子(杏)。だが、既読になったものの返信は来ず、丈の気持ちがわからなくて落ち込んでしまう。その頃、鐘子のことを忘れようと苦しむ丈は、一人海にいた。そして、一之瀬(眞島秀和)から丈の病気のことを聞いた灯里(MEGUMI)も、写真を撮りに出ていったまま戻らない丈を心配していた。

翌日になっても丈から返信がないことにさらに落ち込む鐘子は、昼休み、バイト中の風太(瀬戸利樹)とバッタリ出会う。無邪気な風太に心を許し、悩みを打ち明けていた鐘子は、うっかり葉子(仲間由紀恵)が結婚していることをバラしてしまう。慌てて葉子に電話で謝る鐘子。だが葉子は、「いつかバレるだろうと覚悟していた」と話す。そして葉子に風太から「今日会える?」とメールが届いて……。

帰ってきた丈に、病気のことを姉である自分にも内緒にしていたことを責める灯里。「大事な人を悲しませたくない」と言う丈に、灯里は丈の知らない鐘子の秘密を話す。

一方、葉子は風太の待つ場所へと向かう。自分の嘘を知ってもいつもと変わらない明るい態度で接する風太に心を痛める葉子。だが、ふと気配を感じ振り向くと、そこにはこちらを見て立ち尽くす賢治(谷原章介)の姿が……!

関連記事(外部サイト)