りんごちゃん、小室哲哉楽曲メドレーに初挑戦!気になる出演者はEXIT

りんごちゃん、小室哲哉楽曲メドレーに初挑戦!気になる出演者はEXIT

りんごちゃん

ものまねタレント・りんごちゃんが、9月6日(金)19時から放送される金曜プレミアム『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)で、小室哲哉プロデュース楽曲のメドレーに初挑戦する。

“ものまねが得意な”芸能人が紅白に分かれ、珠玉のものまねネタで対決する同番組。最新ヒットソングや歌い継がれる名曲を完全コピーした“歌ものまね”や、芸人たちによる抱腹絶倒の“時事ネタものまね”ほか、『ものまね紅白』でしか見られないコラボレーションにも注目だ。

紅白対決のほかにも大人気企画が目白押し。最強新人がものまね名人に勝負を挑む「下克上決戦!最強新人大集合」では、松任谷由実・RADWIMPS・山寺宏一の3対戦を放送。八村塁、渋野日向子、紀平梨花……など顔だけが激似の「顔だけそっくりさんNo.1決定戦」は爆笑必至! 思わず真似をしたくなる「ものまね大好きさん大集合」では、全国からオーディションで選ばれた精鋭が大集結する。さらに、ものまね嵐らが登場するエキシビション企画「ものまねジャニーズ軍団メドレー」など、見ごたえのある3時間となっている。

今回の注目株は、“ゆるふわ”系な見た目と野太い声のギャップで今年大ブレーク中のりんごちゃん。今回は「BE TOGETHER」「CAN YOU CELEBRATE?」「EZ DO DANCE」と小室プロデュース楽曲のメドレーに初挑戦。同じく初登場となるEXITがORANGE RANGE「ロコローション」の歌まねで迎え撃つ。

さらに、安田大サーカス(団長安田、クロちゃん、HIRO)がトリオとして13年ぶりに登場。山本高広、松本一人、かねきよ勝則(新宿カウボーイ)とともに『水曜日のダウンタウン』ものまねを披露する。対するは、最近改名したばかりのくっきー!(野性爆弾)となだぎ武が、ドン・フライとケン・シャムロックのプロレスものまねで迎え撃つ。インパクト抜群のコント同士の対決に注目だ。

収録を終えたりんごちゃん、安田大サーカスからコメントが到着。以下に紹介する。

<りんごちゃん コメント>
ーーリハーサルを終えて

(即答で)不安しかないです(笑)。いやだ〜!(笑)。

ーーものまねをしている“ご本人”たちからの反応について。

大友康平さんがご自身のブログで「りんごちゃん!」というタイトルでブログを書いてくださってて。それもびっくりだったんですけど、「どんどん俺の真似をやって欲しいものです」と書いてくださってて! うれしいというかなんというか、不思議な感覚で仕方ないです(笑)。今後も、ものまねのレパートリーを増やしていく予定です。

ーー今回のネタを披露するきっかけ、番組出演について

ほかのテレビ番組ではご本人の歌唱曲を歌ってまねしているのですが、今回は、いつもとは違うバージョンで挑戦してみたいなと思いました。『ものまね紅白』は、小りんご(※幼少期)のときからずっと見ている番組で、小さいころから好きでした。長寿番組ですよね!

ーー気になる出演者について

EXITさん。ものまねタレントではないじゃないですか。私は世の中の皆さんにものまねタレントとして知っていただいていますが、EXITのお二人はものまね芸をするというイメージが無いので、“何をやるんだろう?”という未知の世界ですね。期待値がすごくあると思います。

ーー視聴者へのメッセージ

みなさん、一緒に“ミュージック・スターティン!”をして(武田鉄矢のものまねで)「はい皆さん盛り上がりましょう〜〜〜!!」あっ!ごめんなさい突然(笑)。

<安田大サーカス コメント>
ーー気になる出演者について

団長:妊婦のキンタロー。が何をするのか。踊れるのか、踊らないのか気になりますね。
クロちゃん:僕はEXIT! 同じ<お笑い第七世代>としてね。
団長:クロちゃんは、俺らと世代が違うらしいんです。
クロちゃん:団長は、おじいちゃん・おばあちゃんに人気あったりとかね。僕は、やっぱ若い子にしか支持されてないから。でも若い子はお金持ってないからね、お金にならない。
団長:別に、俺、お金はもらえへん(笑)。でもおじいちゃん・おばあちゃんに人気出るとね、さすってもらえるんですよ(笑)。
クロちゃん:いやいやいや(笑)、新しい! 新情報ですね。
団長:“秘境駅”に行く様子を、おじいちゃん・おばあちゃんたちがテレビで見てくれてて。ある滞在先で、朝食のバイキング会場に行ったら、「あんた大変やな〜」いうてさすられたんですよ。「大丈夫かい? 寒いとこおったな〜」って。
クロちゃん:僕が若い層の視聴率を取ってくるから、グループのバランスとしてはこれで丁度いいのかもしれない。
団長:シニア層をバカにすんなよ、お前。
クロちゃん:すごいことじゃん、皆お金持ってるし。
団長:(クロちゃんを見ながら)なんか腹立つんですよね(笑)。

ーー『水曜日のダウンタウン』ものまねについて

団長:結構挑戦的ですよね。これでクロちゃんが『水曜日のダウンタウン』に二度と出られないようになればいいなあと。
クロちゃん:僕からすると、『水曜日のダウンタウン』の名前を聞くだけでびくっとしちゃうから。
団長:どっかのカメラが、TBSのカメラかもしれない。入り時間、俺とHIROのほうが早かったから。
クロちゃん:……ホントだね。
団長:(室内を見回しながら)なんかあのラジカセちょっとおかしいもんね。
クロちゃん:……え、なんなん? 本当にあるの?
団長:これが『水曜日のダウンタウン』の可能性はあるよね。
クロちゃん:いや待って、だったら本当に意味わかんないじゃん!
団長:まあ、これが本当に『水曜日のダウンタウン』やとしたら、俺も本当に最悪なことしてるなと(笑)。
HIRO:クロちゃんにバラしちゃってことになるからね(笑)。

ーークロちゃん、TBSのスタッフには今回の収録のことを伝えましたか?

クロちゃん:言うわけないでしょ! 仕掛けられても困るし。あいつら逆に僕にコンタクト取ってくれないから、しゃべる機会ないですもん。
HIRO:“あいつら”って(笑)。
団長:名前も定かじゃない(笑)。まあ、向こうが本名名乗ってるかもわからへんもんな?
クロちゃん:サッてどっか行かれるから、全然コミュニケーション取れてないですね。今日は自由に収録に参加するつもりのはずだけど、たしかに(団長・HIROと)入り時間が一緒じゃなかったな……
団長:打合せしてたからね。
クロちゃん:そうなってくると違う緊張の仕方するから。
団長:あ〜、だから口くさくなってるのか。
クロちゃん:口くさくなってないよ。
団長:わわわわ〜!
クロちゃん:なんで団長が言うの! 先読みするのやめてよ!

ーー視聴者へのメッセージ

団長:ご覧いただいて、面白くなかった場合はクロちゃんを叩いてください。
クロちゃん:おかしいじゃん。
団長:我々、叩かれるのにあまり慣れていないので。
クロちゃん:ずるくない? それ。
団長:視聴者の皆さん、言いたいことがあれば全部クロちゃんへ。
クロちゃん:違うでしょ。
団長:我々には、“面白かったよ”のひとことで。
クロちゃん:グループ内で評価が変わるっておかしくない?
団長:我々はほめられるのを待ってます。クロちゃんは叩かれてなんぼなんで。炎上商法。
クロちゃん:炎上商法じゃないよ、勝手に皆が叩いてるだけ! 9月6日放送ということで、<クロちゃんの日>なので、これはツイてると思います。絶対に爆笑を取れると思うので、頑張ります。
団長:……シーン。
クロちゃん:すべってないし。これ、通常会話だから。
団長:あの“だしん”の“しん”はシーンの“しん”なので(笑)。
クロちゃん:違うから! 違いますからね!!
HIRO:本番で僕はしゃべるのかしゃべらないのか。どっちでしょう!?(笑)。
団長:しゃべらんなこれ。<ドーンドーンドーン>しかないやろ、今日のセリフ。
HIRO:いや言うなよ、なあ、言うたらあかんやん(怒)!
団長:誰も期待してへんよ、お前がしゃべるか・しゃべらないかなんて。“え、どうなるんだろう?”ってチャンネルつけるやつ、一人もおるか!
クロちゃん:ごめんなさいごめんなさい、あの、そういうのはこの取材が終わってから楽屋でやろうよ(汗)。
団長:(HIROに向かって)まるで自分が人気者みたいな。
HIRO:そういうんじゃない! だって最後に順番が来たからなんや面白いこと言わなあかん思って。
団長:超かっちょ悪い、超かっちょ悪い。“どっちでしょう!?(笑)”みたいなの、そんなんあほちゃうお前。
HIRO:しゃ〜ないやん!
クロちゃん:ねえ、ここまでグダグダですけど、この記事読む人はどう思ったらいいの? これ。
団長:許したってください(笑)。

関連記事(外部サイト)