マツコ、ミス・ユニバースの斬新なドレスに大喜び!「攻めてるわねー」

マツコ、ミス・ユニバースの斬新なドレスに大喜び!「攻めてるわねー」

マツコ・デラックス、宮崎京

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00〜)。8月31日の放送は、白金台のプラチナ通り沿いにあるダイニングバーで開かれている、「ミス・ユニバース」のOG会と中継を結ぶ。

マツコの中では、「ミス・ワールド」や「ミス・インターナショナル」よりも「ミス・ユニバース」は若干アグレッシブでアバンギャルドのイメージだという。お店の中に入ると、ワンレン率の高い美女たちが食事を楽しんでいた……。

幹事の宮崎京さんは2003年に世界大会で日本代表として出場した方で、世界大会に出場した際のドレス写真を見たマツコは「すごいこれ! 攻めてるわねー」と大喜び。宮崎さんが、「これはイブニングドレスの審査です」と言うと、マツコ「え、これイブニングドレスなの!?」と、水着にしか見えない斬新なドレスに驚愕。

宮崎さんの隣にいる2010年にラスベガスで行われた世界大会で日本代表として出場した板井麻衣子さんによると、「これは伝説のドレスで、ミス・ユニバースの歴史の中で語り継がれているドレス」なんだという。そんな板井さんの大会時の水着写真を見ると、マツコ「なんでこんなに脚長いの?」とうらやましがる。板井さんは元々、大分市役所の教育委員会教育総務課で働いていたそうで、大会は自分で応募し、そのまま日本代表に選ばれ、世界大会で当時主催だった現ドナルド・トランプ大統領とも対面するなど、生活が一変したという。

他にも元日本代表Jリーガーと結婚した2児の母や、南アフリカ人と婚約中の徳島出身のミス・ユニバース元日本代表など、ミス・ユニバースを経て人生が大きく変わった美女が続々登場する。

関連記事(外部サイト)