吉沢亮演じる天陽が入院!徹夜で描き上げた一枚の絵は…『なつぞら』第23週

吉沢亮演じる天陽が入院!徹夜で描き上げた一枚の絵は…『なつぞら』第23週

天陽(吉沢亮)

広瀬すずがヒロインを務める『連続テレビ小説 なつぞら』(NHK総合、毎週月〜土曜8:00〜)。9月2日からの第23週は、「なつよ、天陽くんにさよならを」が放送される。

NHK連続テレビ小説100作目にあたる同ドラマは、大森寿美男によるオリジナル作品。戦争で両親を失い、北海道・十勝の大自然の中で育った少女・なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京し、当時草創期を迎えていたアニメーション業界へ。アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく様子を描いていくストーリーだ。

なつ(広瀬)は夫・坂場(中川大志)から「大草原の小さな家」という本を手渡され、これを原作に一緒にテレビ漫画をつくろうと持ちかけられる。東洋動画を辞めるべきか、仲(井浦新)に恩義を感じるなつは思い悩む。

その頃、十勝では友人・天陽(吉沢亮)が体調を崩し、入院していた。ある時、病院を抜け出してきた天陽は、徹夜で一枚の絵を描き上げる。心配する妻・靖枝(大原櫻子)に天陽は畑を見てくると言い残し、アトリエを出ていく。

夏が過ぎ、長女の優を連れてなつは久しぶりに十勝に帰省する。雪月に立ち寄ったなつは、雪之助(安田顕)から天陽が新しくデザインした店の包装紙を見せてもらう。

関連記事(外部サイト)