劇団EXILE小野塚勇人が『渡鬼』ファミリーに!リーダーHIROが大抜擢

劇団EXILE小野塚勇人が『渡鬼』ファミリーに!リーダーHIROが大抜擢

昇(小野塚勇人)、五月(泉ピン子)、日向子(大谷玲凪)

劇団EXILEの小野塚勇人が、9月16日(月)20時から放送される『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 3時間スぺシャル2019』に出演することが決定。キャスティングにあたり、石井ふく子プロデューサーの相談を受けたEXILEのリーダーHIROが、小野塚を抜擢しての出演となった。

弥生(長山藍子)、五月(泉ピン子)、文子(中田喜子)、葉子(野村真美)、長子(藤田朋子)の岡倉家5人姉妹とそれぞれの家族の悲喜こもごもを描いたドラマで、今回の新作が通算511作目となる。

今回、小野塚が演じるのは、親が経営する商社の後継者として期待されている藤川昇。昇は、長子の娘・日向子(大谷玲凪)が切り盛りする「おかくら」の常連客で日向子に思いを寄せており、ある日プロポーズする。しかし日向子は「おかくら」を辞めて家庭に入る気はなく、結婚よりも店を続けることが大切だと考えている。それを知った昇は、自分が商社を辞めて「おかくら」で板前修業をし日向子を支えると言い出した。これに昇の母・芳子(上村香子)は猛反対し、昇を連れ戻すため「おかくら」へ乗り込み、そこへ五月が登場するという波乱の展開となる。

一方、中華料理店「幸楽」では愛(吉村涼)たちが店を切り盛りするようになり、五月は第一線を退いた。「渡鬼ファミリー」も世代交代が進む中、結婚適齢期を迎えている日向子。仕事かそれとも結婚か、大いに悩むことになり、日向子と昇の恋の行方が今回の見どころの一つとなる。

小野塚と石井プロデューサーのコメントが到着。以下に、紹介する。

<小野塚勇人 コメント>
自分が生まれる前に始まった、国民的なドラマに出演させていただき光栄です。この仕事に真摯に取り組みたいと思います。ドラマの世界観を理解するために、昨年放送した3時間スペシャルなどを拝見しましたが、すっと入り込んで、終わりまで楽しみました。自分の身内にもありそうな出来事や悩みが描かれており、親近感を覚えました。台本を読んで長いセリフに驚きましたが、しっかり頭に入れてきました。劇団EXILEのメンバーには「大丈夫? 皆さんに迷惑かけないように頑張って」と声を掛けられました。

リハーサルでは早速たくさんのアドバイスをいただきましたが、なかなか経験できないことなのでありがたいです。泉ピン子さんたちと稽古できたことも勉強になりました。石井ふく子プロデューサーには、自分の気持ちを大切にするようにとアドバイスをいただきました。『渡る世間は鬼ばかり』に出演できたことはこれからの仕事にも励みになります。両親と祖父母もずっと見ているドラマなので、出演の報告をするとすごく喜んでくれました。撮影当日、「おかくら」のセットに立ってみると本当に『渡る世間は鬼ばかり』の現場に来たんだなと実感しました。最初に撮影したのが僕の山場のシーンなので、気持ちを込めて演じました。泉ピン子さんほか大先輩たちからアドバイスをいただけて、現場は自分を応援してくれるような温かさを感じました。日向子と昇の恋の行方は昇の頑張り次第だと思います。成就するといいですね。自分もこの番組の放送を楽しみにしています。

<石井ふく子 コメント>
橋田壽賀子さんの脚本を読んで日向子に思いを寄せる男性が現れると知って、初めてドラマに登場したときは赤ちゃんだった日向子が、こんなに成長したのかと感慨深かったです。

本を読んでの昇の印象は清潔感のある人だったので、誰にしようかと考えながらHIROさんに相談したところ、小野塚勇人さんをご紹介いただきました。昇にぴったりな方と巡り会えたと喜んでいます。日向子と並ぶとお似合いの2ショットになり安心しました。『渡る世間は鬼ばかり』は独特の長いセリフがあり、緊張されたと思いますが、若い感性でのびのびと演技してくれました。素直なお芝居をする方ですね。収録後HIROさんに無事終わりましたとお電話すると喜んでくれました。日向子と昇の恋が実って、またお会いできるといいですね。

関連記事(外部サイト)