竜星涼&岡山天音、高畑充希の同期役で出演決定『同期のサクラ』

竜星涼&岡山天音、高畑充希の同期役で出演決定『同期のサクラ』

竜星涼、岡山天音

竜星涼、岡山天音が、高畑充希が主演を務める新水曜ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、10月スタート、毎週水曜22:00〜)に、高畑演じるサクラの同期役で出演することがわかった。

『過保護のカホコ』(2017年)制作チームが集結し、高畑は脚本家・遊川和彦と再びタッグを組む。高畑が今作で演じるのは、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない、忖度できない主人公・サクラ。物語はサクラが駆け抜けた10年間を、1話ごと1年ずつ丁寧に描いていく。2009年春、スーパーゼネコンの最大手「花村建設」の入社式に、明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。名前を「サクラ」という彼女の夢は「故郷の島に橋を架ける」こと。しかし、新入社員研修で「どうしても自分を貫いた」ことで、会社人としての歯車が徐々に狂いだす……。

竜星が演じるのは、熊本出身のアツい男でサクラの同期・清水菊夫。大学では応援部出身で、仲間や頑張っている人の力になりたいと思っている。しかし、サクラのような「故郷に橋を作る」というような明確な夢や目標はなく、応援部の先輩に勧められるまま花村建設に入社したことに少し引け目を感じている。

また岡山演じるのは、同じくサクラの同期で、努力家で能力はあるが、なんでも悪いほうに考えてしまうネガティブ男・土井蓮太郎。最初は、何にでも前向きで、夢を熱く語るサクラに懐疑的であるが、同期の仲間との共同作業に、次第に心を開いていく。

竜星・岡山からコメントが到着。以下に紹介する。

<竜星涼 コメント>
自分の未来に対して明るい夢を持っている若者はどのくらいいるのだろうか? 明るい夢を忘れずに持ち続けてる大人はどこまでいるのだろう? 脚本を読んで、サクラのまぶしく、勇ましいセリフは胸を打つものがありました。菊夫という心優しい男が、本当の大人になるまでの10年を丁寧にみなさんに届けていきます。

<岡山天音 コメント>
1話につき1年の時間が進み、全話を通して1人の人間の10年間を演じるという稀有な機会を頂けたこと、嬉しく思います。蓮太郎の喜びや悩みを僕自身が一緒に味わって、桜、百合、葵、菊夫とたくさんの事を学び、共に成長していければと思います。自分の役割を全うし、“同期”のみんなと反響し合いながら、力強い作品にしていきたいです。

関連記事(外部サイト)