岩田剛典、白衣&眼鏡姿をお披露目!「医師の役がこんなにも早く来るなんて」『シャーロック』

岩田剛典、白衣&眼鏡姿をお披露目!「医師の役がこんなにも早く来るなんて」『シャーロック』

若宮潤一役の岩田剛典

ディーン・フジオカ主演の月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)が10月7日スタート。ディーン演じる探偵・誉獅子雄の相棒・若宮潤一役の岩田剛典(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE/EXILE)が、このほどクランクインを迎え、ついに“顔面最強”バディが顔を合わせた。

同ドラマは、アーサー・コナン・ドイルによる世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」が原作で、オリンピック開催を翌年に控え、かつてない活気に沸く“令和の東京”が舞台。原作の魅力をそのままに、ディーン演じる世界一有名な名探偵“シャーロック”とその相棒“ワトソン”(岩田)という、令和で“外見最強、内面最狂!?”のバディが数々の難事件に立ち向かうミステリーエンターテインメント。脚本を井上由美子が手掛け、ディーンの主演ドラマ『モンテ・クリスト伯−華麗なる復讐−』(フジテレビ系、2018年)の西谷弘が監督を務める。

この日は潮の香りが漂うマリーナベイエリアにて撮影。爽やかな青空のもと、岩田は「いよいよ始まったなと実感しています。ディーンさん、西谷監督はじめ今作で初めてご一緒する方が多い現場なので、いい意味で緊張感をもって臨ませていただきました」と話し、さらに、「きっとこれからあっという間だと思います。オンエアがどんどん追いついてきてタイトなスケジュールになってくると思いますけど(笑)、そんな“連ドラあるある”の状況でも楽しい現場にしていきたいですね」と笑顔で抱負を語った。

これまでドラマや映画で、ホテルの副支配人、一級建築士などを演じてきた岩田が今作で演じるのは都内の病院に勤務する精神科医。冷静かつスマートな常識人で端から見ると善良な人物に映るが、幼い頃から“良い子”の仮面をかぶって生きてきたナイーブな性格の男だ。意外にも初の医師役となる岩田は先日のスチール撮影で“白衣姿に眼鏡”姿をお披露目。「白衣姿は初です。まさか医師の役がこんなにも早く来るなんて、と新鮮な気持ちで白衣に袖を通しました。もしかしたら、白衣を着るシーンはそこまで多くないかもしれませんが、病院のシーンでは医師らしく、ちゃんとした人間であると思ってもらえるような演技をしていきたいです」と意気込み。

また、本作の魅力について岩田は、「他の刑事ドラマやサスペンスドラマとは違って、『シャーロック』はコミカルな演出や掛け合いが見どころの一つになるんじゃないかと思っています。ボケとツッコミができるような楽しいコンビをディーンさんと築いていけたらいいですね。原作ファンもたくさんいらっしゃる作品ですので、リスペクトの気持ちを忘れずに、“自分たちらしさ”を表現していけたらと思っています」と話している。

関連記事(外部サイト)