千葉雄大、NHK連ドラ初主演!過酷な運命を背負い棋士の頂点を目指した青年に『盤上の向日葵』

千葉雄大、NHK連ドラ初主演!過酷な運命を背負い棋士の頂点を目指した青年に『盤上の向日葵』

上条桂介(千葉雄大)

千葉雄大がNHK連ドラ初主演を務めるプレミアムドラマ『盤上の向日葵』(BSプレミアム、毎週日曜22:00〜)が、9月8日よりスタート。第1話「諏訪の神童」が放送される。

2018年本屋大賞2位の同名原作をドラマ化。将棋界に彗星のごとく現れ、タイトル戦に挑む異端の棋士・上条桂介(千葉)、発見された白骨遺体とともに埋められていた名駒、その所有者をたどり、真相に迫ろうとするベテラン刑事と将棋の道をあきらめた若手刑事。真剣師が勝負の世界に魂を注いでいた時代、過酷な運命を背負って棋士の頂点を目指した青年の半生をあぶりだす本格ヒューマンミステリー。千葉のほか、蓮佛美沙子 大友康平、渋川清彦、竹中直人、柄本明が出演する。

平成6年、将棋の奨励会を経ずにプロになった異端の棋士・上条桂介は、タイトル6冠の壬生(笠松将)と竜昇戦の対局に挑んでいた。同じ頃、所沢の山で白骨遺体が発見され、一緒に将棋の駒も埋められていた。

刑事の石破(大友)は、奨励会の経験をもつ佐野(蓮佛)とコンビを組み、駒が江戸時代の名匠・菊水月の作で大変貴重だとわかり、その駒の所有者を捜査する。

一方一局目に勝った上条は、雑誌の取材を受ける中、子供のころ将棋雑誌が縁で世話になった恩師の唐沢(柄本)との思い出を懐かしむ。

関連記事(外部サイト)