明石家さんま、くわばたりえや澤穂希らママタレントからメッタ打ち「女性議員に見えてきた」

明石家さんま、くわばたりえや澤穂希らママタレントからメッタ打ち「女性議員に見えてきた」

ママタレントがずらり

明石家さんまがMCを務める、9月10日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系、毎週火曜19:56〜)は、「ママだらけの本音ぶっちゃけSP」と題し、加藤夏希、くわばたりえ、佐藤亮子、澤穂希、辻元舞、野々村友紀子、東尾理子、ボーク重子、堀本陽子、本田朋子、吉岡美穂、吉田明世、若槻千夏らママタレントが勢ぞろいする。

オープニングではズラリと並ぶママたちにさんまが「すごい圧力」「恐ろしいな今日は……」と戦々恐々。息子3人と娘1人の全員が東京大学理科III類合格という有名教育ママである佐藤をよく知らないさんまに、ママタレたちが「すごいんですよ!」「さんまさんよりすごいと思う」と詰め寄るなど、いつもとは違う異様な雰囲気にさんまは圧倒されてしまう。

「私はママ失格だなと思った事」というテーマではくわばたが、“夜の寝かしつけ”の失敗談を披露。さんまも寝かしつけには「俺が絵本を読むとオーバーで元奥さんが感情入りすぎ」とうまくいかなかった過去を吐露。「3人子供がいるので大変だった」「ルーティンがいいと聞いた」など、さまざまな寝かしつけエピソードが出る中、話の軸はだんだん「夫の態度」に。夫の無神経な言動に全員イライラが募ってきたところに、放送作家で元芸人の野々村が「旦那がちゃんと(育児を)せえよ」と関西弁で一言ビシッと言い捨てると、スタジオは拍手喝采。旦那サイドをフォローしようと思ったさんまが、妻の抱える苦労に対して「それが育児やろ?」と言うと、「それもあかん!」と返す刀でバッサリ斬り返される。

生瀬勝久の妻・堀本は「育児を手伝ってくれそうだと思ってたら、思ってたのと違った」とガッカリ、夫が現役バスケットボール選手の本田は「子供が夜泣きしても『全然聞こえなかった』って。ウソをついてるんじゃないかと思う」と疑うなど、夫への不満がヒートアップしてきたため、さんまが「男が(泣いている子供のところに)行っても泣き止まないから」と言い訳をすると、またしても「やってないから」と返り討ち。何を言っても真っすぐな正論で言い負かしてくる女性たちを前に「女性議員に見えてきた」となす術もない。

娘が“全米最優秀女子高生”に選ばれたことでその教育法が注目を浴びているボークは、子育てにおいて大切なのは「パッション」と強調。ママタレたちが真剣に耳を傾けようとするも、その独特すぎる個性と54歳とは思えぬ若々しいしゃべり方に、さんまは思わず教育法そっちのけでイジリ倒す。また、「小学生になるまでに覚えさせることを決めている」という佐藤の教育に対して、ボークは勉強はさせずに遊ばせるというアメリカ式。真逆の教育法にママタレたちはビックリ。さらに、2020年の教育改革をめぐって論争が勃発!?

そのほか、元サッカー女子日本代表の澤が自身の子育てを告白。イヤイヤ期の娘を「人生そんなにチャンスはない」と説き伏せたり、負けず嫌いな性格が似てしまい「やったらやり返す」など、親として厳しい一面を見せる。コテコテの関西人の野々村はまだ小学生の娘のエピソードトークに思わずダメ出ししてしまうという、笑いへの厳しさを告白。東尾は、夫・石田純一が息子に教えた“マンゴーの高級さ”によって困った事態になっていることを明かす。

関連記事(外部サイト)