Sexy Zone中島健人『格付けチェック』参戦!バイオリン聞き比べで「セクシーな音はこっち」

Sexy Zone中島健人『格付けチェック』参戦!バイオリン聞き比べで「セクシーな音はこっち」

左から、浜田雅功とヒロド歩美アナウンサー

ダウンタウンの浜田雅功が司会を務める『芸能人格付けチェックMUSIC〜秋の3時間スペシャル〜』(ABC・テレビ朝日系)が、10月8日(火)の19時から放送される。今回は、様々なジャンルのミュージシャンやタレントが登場。バイオリンやピアノなど、“一流の音”の聞き分けに挑戦する。

同番組は、一流芸能人たちがチームを組んで様々なチェックに挑み、間違える度に一流→普通→二流→三流→そっくりさん、そして最後には“映す価値なし(画面から消滅)”とランクダウンしていく元祖格付けバラエティ。今回は、日本の音楽・芸能シーンを代表する芸能人が登場し、“音”をテーマとした6つのチェックにチャレンジする。

参加するのは、総勢18人・計8チーム。「バラエティでこんなに緊張するん初めて」という芸能生活51年目の大ベテラン・和田アキ子と、「ホリプロを背負ってますから」と意気込む榊原郁恵の「チームホリプロ」を筆頭に、「絶対音感の持ち主」と自称する立川志らくと、「歌舞伎の顔は音楽」と豪語する市川右團次の「チーム浜田の同級生」や、2回連続で“映す価値なし”という不名誉な称号を手にしている八嶋智人と高橋克実の「チームトリビア」など、個性的なチーム同士が火花を散らす。

また、アイドル界からは「どっちが良いとか悪いとかは気にせず音を楽しみたい」という中島健人と、「小さい時ドイツに住んでいて、ベルリン・フィルとか聴いていたので自信はあります」とアピールするマリウス葉の「チームSexy Zone」、演歌界からは「音楽を生業としてるので間違えません」と自信たっぷりの伍代夏子と香西かおりの「チーム演歌」、宝塚からは「宝塚音楽学校で学び、宝塚歌劇団にいたので自信はあります」と語る柚希礼音と陽月華の「チーム宝塚」が参戦。

さらに、「大親友で親まで仲がいい」という青山テルマとAAA・與真司郎の「チーム家族ぐるみ」や、霜降り明星とチョコレートプラネットがタッグを組んだ「チーム旬のお笑い芸人」なども登場。それぞれのチームがプライドとメンツをかけて戦いに臨む。

チェックに登場するのは、いずれも世界最高峰の名楽器ばかり。チェック1「バイオリン」では、「ストラディバリウス」の中でも黄金期といわれる1728年に製作された市場価格10億円の「トゥニス」が登場。100万円の一般的なバイオリンと音色を聞き比べたSexy Zone・中島は、「もう感動が全然違いました。数千倍心に響いた。セクシーな音はこっちです」と、片方を選ぶ。

続いてのチェック2「ピアノ」では2300万円の「スタインウェイD -274」と国産中古ピアノの音色を、チェック3「管楽器3択」では、最高級管楽器と入門用管楽器の音色を聞き比べる芸能人たち。

チェック4「コーラス」、チェック5「和楽器」、最終問題となるチェック6「三重奏」を経て、芸能人たちの格付けはどう変化するのか。全問正解する芸能人が現れる一方、2人そろって間違え続けるチームもあり、史上まれにみる混戦に司会の浜田も大喜び。果たして、画面から消え去る屈辱を味わった芸能人は誰なのか。最後まで目の離せない怒涛の展開が繰り広げられる。

関連記事(外部サイト)