嵐・櫻井翔、同級生とのドラマ共演に喜び!散髪して挑む『ノーサイド・ゲーム』最終回

嵐・櫻井翔、同級生とのドラマ共演に喜び!散髪して挑む『ノーサイド・ゲーム』最終回

大泉洋、櫻井翔、廣瀬俊朗

嵐の櫻井翔が、9月15日に放送される大泉洋主演の日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の最終回に出演することがわかった。櫻井が演じるのはアストロズの練習場に現れた謎の男・赤木。詳しい役どころはオンエアで明かされることになるが、君嶋隼人(大泉)が行ってきた様々な改革の一端を担う重要な役どころだ。

本作は池井戸潤の同名小説を原作に、ヒットメーカーの伊與田英徳プロデューサーと福澤克雄監督が映像化を手がけるサラリーマンドラマ。大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋は、出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司の滝川常務(上川隆也)が主導する「カザマ商事」の買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。総務部長として工場に赴いた君嶋だったが、さらなる厄介事が発生。かつては強豪だったが、現在は成績不振にあえぐトキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」のGMを兼務するように命じられてしまう。ラグビーの知識も経験もない君嶋が、チーム再建に取り組む姿を描いてきた。

そんな中、トキワ自動車では「カザマ商事」の買収を巡って滝川が失脚し脇坂(石川禅)が常務に昇進。しかし脇坂がラグビー部廃止の方針を打ち出し、君嶋は焦る……。そして目前に迫った王者・サイクロンズとの全勝対決。今年こそアストロズは優勝をもぎ取ることができるのか!?

櫻井は、浜畑譲役で本作に出演中のラグビー元日本代表キャプテン・廣瀬俊朗と慶應義塾大学の同級生。廣瀬が先日放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、櫻井は心配だったからと収録に立ち会ったという。櫻井自身も幼稚舎時代にラグビーの経験があり、その時のポジションはスクラムハーフだった。そして今回ドラマで廣瀬との同級生初共演を果たす。

放送を前に、櫻井・大泉・廣瀬からコメントが到着。以下に紹介する。なお、最終回は20分枠大で放送される。

<櫻井翔 コメント>
初回からずっと興奮しながらこのドラマを見ています。ぜひこのドラマに出演したいと思っていましたが、今回念願がかなってお邪魔することができました。府中の現場に来たら「デモ隊が来ていた門だ!」「君嶋GMとアストロズだ!」と全てがドラマと同じで興奮しました。毎週楽しみ過ぎて、今回は自分が演じる部分以外は台本を読んでいません! だから君嶋さんがどう闘うのか、アストロズがどうなるのか知りません! 視聴者の皆さんと一緒に結末を楽しみにしています(笑)。大泉さんとはバラエティでは何度も共演していますが、お芝居をするのは初めてです。君嶋さんが目の前にいるということもあり、不思議な気分でした。今回の出演が楽しみで、昨日美容院に行って髪を切りました。僕が演じた赤木という男に注目すると共に、このドラマで初披露する髪型にも注目してください(笑)。

<大泉洋 コメント>
櫻井さんがこのドラマを初回から全部見てくださっているそうで、大感激しています。そんな櫻井さんが全力でぶつかってきてくれてすごくうれしかったです。キャスト・スタッフ一丸となって撮影しているこのドラマに、間違いなくいいシーンが加わったと思います! 君嶋も最後まで全力でぶつかっていきます! その様をぜひ見守ってください。そして、我らがアストロズはサイクロンズとの決戦に挑みます。テレビの前でアストロズを応援してください! よろしくお願いします!!

<廣瀬俊朗 コメント>
櫻井とは同級生で、ドラマの放送を見ると連絡をくれて感想を言ってくれます。長ゼリフのときも「良かった」と言ってくれました。彼も昔ラグビーをやっていたので、こうやって撮影現場で一緒にいることができてうれしいですね。

関連記事(外部サイト)