楽天・三木谷社長の元秘書が家業の魚屋を切り盛り!マグロ解体ショーにも挑戦

楽天・三木谷社長の元秘書が家業の魚屋を切り盛り!マグロ解体ショーにも挑戦

「寿商店」を切り盛りする森朝奈

9月17日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00〜)は、名古屋の魚屋「寿商店」の長女・森朝奈(32)に密着する。

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高、本谷有希子、YOU、若林正恭(オードリー)。

名古屋にある鮮魚の卸売り「寿商店」は、昭和55年の創業から39年間、鮮度抜群の魚介を取り揃える魚屋として、地元の街で愛され続けている。森は、そんな魚屋の長女として家族と共に店を切り盛りする。

小さな頃から大きな魚を解体する父にあこがれていた森は、家業を継ぐ前に社会勉強がしたいと、上京して大学に進学。卒業後は、家業にも活かせるインターネットを利用した小売ビジネスを学ぶため、楽天株式会社に入社した。森は三木谷浩史社長の秘書を務め、2年後に退社。24歳で実家の「寿商店」に戻り、現在は市場での鮮魚の仕入れから下処理に加工、取引先への卸しに店舗での接客まで、何でもこなしている。

また、IT企業での経験を活かし、インターネットを利用した受注システムも導入。経営の幅を広げ、さらには、店舗の恒例行事でもあるマグロの解体ショーを父に代わって任されるまでになった。そんな森の悩みは、共に「寿商店」で働く妹のこと。森は、「姉に負けたくない」と対抗心を隠さない妹に対し、「可愛くて仕方がないけれども、上司として接しなければならない」という葛藤を日々抱えていた。

番組では、豪快な父と負けず嫌いな妹に挟まれながらも、常に家族に対する気配りを忘れない森の思いに迫ると同時に、彼女のセブンルールを紹介する。

また、VTRでは、父の“ツボ”を知り尽くした森が、父のイライラの解消方法を実践。不機嫌だった父がみるみる上機嫌になっていく様子に、スタジオメンバーからは思わず笑みがこぼれる。さらに、スタジオトークでは、若林が番組出演者を見て驚くことを告白。若林の発言はもちろん、他の出演者の反応にも注目したい。

関連記事(外部サイト)