戸次重幸、森本慎太郎、坂ノ上茜ら強行犯係が撮了『監察医 朝顔』

戸次重幸、森本慎太郎、坂ノ上茜ら強行犯係が撮了『監察医 朝顔』

戸次重幸、森本慎太郎

上野樹里主演の月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)に出演中の戸次重幸、森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)、坂ノ上茜が、このほどクランクアップしたことがわった。

本作は、原作・香川まさひと、作画・木村直巳による同名医療漫画を大きくアレンジしたヒューマンドラマ。上野演じる心優しい新米法医学者・万木朝顔と、時任三郎演じる朝顔の父でベテラン刑事の万木平が、タッグを組んで、さまざまな遺体の謎を解き明かし、見つけ出された遺体の“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくハートフルなストーリー。

同ドラマで、同ドラマで戸次は、平と同じ野毛山署の強行犯係に所属する刑事で、敏腕ながら絶妙な空回りを見せる万年係長の山倉伸彦を演じてきた。さらに森本演じる、爽やかさとともに愛嬌を兼ね備えた森本琢磨。坂ノ上演じる、どの男性刑事よりも気が強く言葉の切れ味も鋭い愛川江梨花。いずれも個性的なキャラクターを3人は見事に演じ、唯一無二の強行犯係を作り上げてきた。

まずクランクアップを迎えたのは戸次と森本。2人の最後の撮影は、強行犯係の面々が事件の関係者を追いかけるシーン。最後のカットを撮り終え、「戸次重幸さん、森本慎太郎さん、オールアップです!」とスタッフから声が上がると、盛大な拍手とともに、演出の平野眞から花束が贈られた。戸次は「視聴者の方々からも好評価をいただけて、本当にありがたい思いで撮影をさせていただいておりました。撮影が遠方ばかりだったのも、良い思い出です。まだまだ撮影は続きますが、お体に気をつけてスタッフの皆様、頑張ってください。ありがとうございました!」と、森本は「すごく楽しい夏の現場でした。僕としても一つ成長できたのではないかなと思っております。またどこかでご一緒できるように頑張ります。ありがとうございました!」とにっこり。

続いて坂ノ上がクランクアップ。最後のカットを撮り終え、「坂ノ上茜さん、オールアップです!」とスタッフから盛大な拍手とともに声が上がり、演出の平野から花束が贈られると、坂ノ上の目には、すでに涙が。坂ノ上は「最初、すごい方たちに囲まれてやらせていただくということで、とても緊張していたのですが、スタッフの方もキャストの方も、とても温かくて、毎日、現場に行くのが本当に楽しかったです。また、ご一緒にできる機会があった時に、成長したねって言ってもらえるよう、これからも頑張ります。ありがとうございました!」と挨拶した。

ついに9月23日に最終回となる『監察医 朝顔』。第10話(9月16日放送)のラストでは土砂崩れが起こる衝撃の展開を迎えたが、最終回では、土砂の下敷きになり、多数の死傷者が出ていることが予想されるため、興雲大学法医学教室に応援の要請が届き、朝顔、法医学者の安岡光子(志田未来)、検査技師の高橋涼介(中尾明慶)、法歯学者の藤堂絵美(平岩紙)、そして主任教授の夏目茶子(山口智子)の5名が、災害が発生した山梨県に向かうことになる。現地に入り、すぐさま遺体安置所を作った朝顔たち。一息つく間もなく、朝顔たちのもとへ、続々と遺体が運ばれてくるが、遺体は泥だらけで損傷が著しく、その痛ましい遺体の状態に、朝顔たちは愕然となる。しかし、法医学者の本分を全うするため、心を奮い立たせ、まずは遺体の検案を始めることに。そんな中、今回の土砂崩れが自然災害ではなく、人災ではないかという疑惑が浮上し……。最後にして最大の事件、その行方は? そして、土砂災害の遺体安置所で彷彿とさせるのは、あの東日本大震災。あの日から法医学者を目指し、そして死と生に誰よりも懸命に向き合ってきた朝顔は……。命あるすべての人に贈る落涙の最終回に期待が高まる。

関連記事(外部サイト)