横浜流星、牛と戦う?山里亮太の無茶ぶりに困り顔『サムライチャレンジ』

横浜流星、牛と戦う?山里亮太の無茶ぶりに困り顔『サムライチャレンジ』

横浜流星

9月29日(日)18時半から3時間半にわたり放送されるTBS系特番『伝説の日本人を越えろ!サムライチャレンジ』の収録がこのほど都内で行われ、MCを務める山里亮太(南海キャンディーズ)、ゲストの貴乃花光司、中澤佑二、浜口京子、横浜流星が収録後に番組の見どころを語った。

70m先の的を矢で射ることができたという伝説を持つ那須与一や、10人の声を同時に聞き分けることができたという聖徳太子の伝説など、いにしえの日本人が残した数々の伝説に現代を代表する一流の著名人や様々な芸能人が挑戦する様子を追うバラエティ。

司会という大役を任された山里は、「皆さんお気づきのように結婚バブルです」と満面の笑み。今をときめくイケメン俳優の横浜がゲスト出演したことも嬉しかったようで、「並んでしゃべらせてもらって改めて男前だなって。二つ顔が並んだ時に(人は平等でないという意味で)神はいないなって思いました」と絶賛した。続けて「かっこいいなっていうのはわかっていたけど、さらに熱いものをもっていらっしゃるなって。(伝説に)チャレンジする方もやって欲しい」とエールを送ると、横浜も「やってみたい」と声を弾ませた。

横浜は「伝説を超えるようなチャレンジをしていて、再現ドラマも面白かったです。楽しい時間でした」とにっこり。自身は空手をやっていたが、「空手をやっていた経験は自分にも生きているなと思います。前のクールのドラマではアクションも入れてもらって、それ以外にも礼儀とか色々な面で空手のキャリアが生かされているなって思います」と述べると、山里が「(大山倍達のように)牛と戦ってほしいです」と無茶ぶり。横浜が「戦いたいけど、牛がかわいそうかなって」と謙遜すると、「こいつは牛だなっていう芸人でもいいです」と切り返して横浜を困らせていた。

関連記事(外部サイト)