水着姿の上白石萌歌、オリンピック史に残る大一番に挑む『いだてん』第36話

水着姿の上白石萌歌、オリンピック史に残る大一番に挑む『いだてん』第36話

前畑秀子(上白石萌歌)

中村勘九郎と阿部サダヲが主演を務める大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(NHK総合、毎週日曜20:00〜)。9月22日に放送される第36話「前畑がんばれ」では、上白石萌歌演じる水泳選手の前畑秀子が、オリンピック史に残る大一番に挑む。

宮藤官九郎が脚本を務める本作は、日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三(中村)と、日本にオリンピックを招致した男・田畑政治(阿部)が主人公。日本が初めて参加し、大惨敗を喫した1912年の「ストックホルム」、幻となった1940年の「東京」と敗戦、復興、そして平和への祈り。1964年の東京オリンピックが実現するまでの日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の半世紀を豪華キャストで紡いでいく。

前回大会の雪辱を期す前畑(上白石)は、経験したことのないプレッシャーと闘う。日本国中から必勝を期待する電報がベルリンに押し寄せ、前畑を追い詰める。

レースを目前にアナウンサーの河西三省(トータス松本)が体調を崩すが、田畑(阿部)は前畑勝利を実況すると約束した河西の降板を断固拒否。そして迎える決勝。ヒトラーも観戦する会場に響くドイツ代表への大声援。オリンピック史に残る大一番が始まる。

関連記事(外部サイト)