杉本哲太&笹野高史、超肉体派“猛獣刑事”と癒やし系喫茶店マスター役で出演『ニッポンノワール』

杉本哲太&笹野高史、超肉体派“猛獣刑事”と癒やし系喫茶店マスター役で出演『ニッポンノワール』

杉本哲太、笹野高史

杉本哲太と笹野高史が、賀来賢人主演の日曜ドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系、10月13日スタート、毎週日曜22:30〜)に出演することがわかった。

本作は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が手掛けるアンストッパブル・ミステリー。これまで、賀来以外に広末涼子、井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、高橋ひかるの出演も発表されている。

叩き上げの刑事・遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ますと、数か月間の記憶を失っていた。右手には拳銃、横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末)の死体。殺したのは自分なのか、それとも……。真相を追い求める清春に、かつての仲間だった同僚刑事が迫る。そして事件は未解決だった「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく。

清春(賀来)、名越時生(工藤)、南武修介(北村)ら荒くれ者が集う捜査一課の中でもまさに“武闘派”で、ベテランながら日々の鍛錬で強靭な肉体を作り上げることに余念がなく、さらに射撃の腕も超一流。そんな“猛獣刑事”こと江國光成を演じるのが杉本。捜査一課・碓氷班所属、頼れるベテランでありながら、その陰では危険なヤツらとの関わりありとの噂が……? 果たして善か悪か?

さらに、清春が住むビルの一階にある喫茶店「bonnaro」のマスター・深水喜一を演じるのは、笹野。この喫茶店には、なぜだかやたらと人と情報が集まっている? 実は深水は元刑事で、その娘は、フリーライターの深水咲良(夏帆)。後輩刑事と雑誌記者がたむろする喫茶店を営みながら余生を過ごす好々爺。しかしその過去には、長女がある事件によって命を落とすという悲劇も……。

関連記事(外部サイト)