高畑充希、新田真剣佑&竜星涼らの“高身長”にジェラシー!?「カッコイイなと…」

高畑充希、新田真剣佑&竜星涼らの“高身長”にジェラシー!?「カッコイイなと…」

左から、竜星涼、橋本愛、高畑充希、新田真剣佑、岡山天音

高畑充希が主演を務める『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00〜)が10月9日よりスタート。放送を前に都内スタジオで記者発表が行われ、高畑をはじめ、橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音が出席した。

『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑充希が再びタッグを組んで送るオリジナルドラマ。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間を、1年=1話で描いていく。

撮影現場の雰囲気について高畑が「まだ殺伐としている」と語るなど、冗談交じりのトークで会見は幕開け。登壇キャストの中で最年少となる新田は「お姉さん・お兄さんに頼って、頑張っていきたいと思います」と頭をぺこり。ところが“お兄さん”である岡山から「僕は、まっけんくんについて行こうと思う」と切り返され、大きな目を丸くしていた。

クランクインとなった入社式シーンの感想を聞かれた高畑は「もっと身長が高くなりたかったと思った」といい、「みんなすごく大きくて、4人がパッと後ろを振り返るシーンがカッコイイなと思った」と、その理由を告白。竜星が「ありがとう」と頷きながら目尻を下げるも、高畑から「いや個別では褒めてないから。全体のバランスだから」と鋭いツッコみが入り、会場は笑いに包まれた。

遊川との再タッグとなる高畑は「こんなに最初から作品に携わることがなかったから、これでもかっていうくらい話し合いタイムが設けられて、クランクインまでにグッタリしました」と率直な感想を。またサクラという役柄について「サクラの生き方はいいのかわからないけど、かっこいいし、嘘がないから信用ができる」と語るも、「遊川さんと組むと、だいたい変な役をやらされるから。私は普通の人だっていうことを伝えたい!」と懇願していた。

そんなサクラについて橋本は「サクラちゃんは本当に変な人。妖怪レベル」とバッサリ。だが、「サクラは根っこの部分は人間らしくて、それを見るたびに“私、近いかもしれない”と思って。でも、私が演じる百合ちゃんは真逆の役なので、思考と感情を引き戻すのが大変」と苦労を明かした。

続いて記者から“10年前から成長したことは?”との質問が飛ぶと、高畑は「社交的になった」と話し、新田は「日本に来たこと(が大きな変化)」と回顧。また「身長がすっごく伸びました」と笑顔の橋本に対して、岡山は「身長も伸びていないし、中身も15歳からほぼ変わってない……人見知りがちょっと薄くなったくらいかな」と自虐気味にコメント。そんな中、竜星は差し入れとの向き合い方に言及。10年前は「撮影中なんで」と差し入れを食べずにいたといい、「なんてバカだったんだ。今では率先して食べる。たぶん尖っていたんでしょう」と過去の自分を省みた。

今作を通して“楽しみにしていること”として、高畑が「今、台本が3話まで来ているんですね。1話より2話、2話より3話とおもしろさが加速していて……もしかしたら4話でストップするかもしれないけど(笑)」とおどけると、脚本担当の遊川から「うるさいよ!(笑)」との声が。

キャストたちが大爆笑の中、高畑は「オリジナルのドラマって、誰も展開を知らなくて。いつも台本がくるたびにワクワクするし、半分視聴者みたいな感じですごく楽しみ」と物語の展開に期待。新田は「1話ごとに1年といこうことで、みんながどれくらい変わるのかが楽しみ。1話と10話の違いがすごくあると思う」と、柔らかい表情で語った。

最後に高畑は「オリジナルドラマなので、1個1個みんなで積み上げながら、一生懸命撮影する毎日。手探りの不安もあれば、手探りの楽しさもある」と本作への思いを吐露。「チャレンジングな作品になっていると思うので、楽しいかたちで早くみなさんのもとに届くといいな」と、声を弾ませアピールした。

関連記事(外部サイト)