三代目JSB・ELLY、1年に3000時間プレイのガチゲーマー!?実名明かさず世界大会に出場

三代目JSB・ELLY、1年に3000時間プレイのガチゲーマー!?実名明かさず世界大会に出場

左から、若林正恭、松岡茉優、ELLY、濱口優

若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週土曜22:10〜)。9月28日の放送は、ELLY(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が“激レアさん”として登場する。

同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。今回のゲスト研究員は、松岡茉優、濱口優(よゐこ)。

“正体を隠しながら、大好きなゲームをコソコソやってたのに、うますぎて世界大会に出場してバレちゃった人”ことELLY。大人気グループに所属し、多忙なスケジュールの合間をぬいながら、1年に約3000時間もプレイするという大のゲーム好き。しかも競技人口約2億人のゲームで世界27位になったガチゲーマーだった!?

2015年、何となく購入したオンライン対戦ゲームに、ドはまりしちゃったELLY。実名はもちろん明かさず、ゲーム内だけの名前でプレイしながら、どんどんのめり込み、1日15時間をゲームに費やすほどに。一流のパフォーマーELLYの、ゲーマーとしても一流な知られざる驚愕の日常とは……? ELLYがゲーマーとして世界の大舞台へ出場を果たし、正体がバレちゃうまでのサクセス(?)ストーリーを紹介する。

2人目は、水産高校卒業後、カツオ漁船の仕事に就いたアイダさん。新人だった頃に任されたのは凍ったカツオをタンクから取り出すという作業。そのタンクに入っていたのは、カツオを2秒で凍らせるマイナス30度の液体! その極寒の液の中にアイダさんは、あろうことか2度もドボン!! そればかりか他の人までドボンさせてしまい……!? アイダさんの、おっちょこちょいな九死に一生と、その後の人生とは?

3人目は、見たものを瞬時に記憶し、一度覚えたことは忘れないというミヤチさん。また、忘れることまで自在にできる驚異的な能力の持ち主も登場する。

関連記事(外部サイト)