趣里『モトカレマニア』でフジ地上波ドラマ初出演「今回こそは恋愛成就を」

趣里『モトカレマニア』でフジ地上波ドラマ初出演「今回こそは恋愛成就を」

趣里

新木優子と高良健吾がW主演を務める10月17日スタートの木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)に、趣里がレギュラー出演することが決定。趣里がフジテレビ系地上波ドラマに出演するのは今回が初となる。

本ドラマは、「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作としたラブコメディ。初めてできた彼氏のマコチこと斉藤真(高良)と順調に恋を育んでいた主人公の難波ユリカ(新木)は、自分の就職をきっかけに生まれたすれ違いから、マコチを振ってしまう。「すぐに次の彼氏と素敵な恋愛ができるでしょ!」と思っていたが、次に付き合った男はクズで、2人目に付き合った男はもっとクズ。さすがに3人目のクズを引く勇気はなく、ユリカは彼氏も好きな人も作らずに、「幸せだった過去の恋に浸っていよう」と、元カレであるマコチとの思い出の中に逃避してしまう。

元カレが好き過ぎるあまり、毎朝SNSで名前を検索したり、心の中でマコチと妄想の会話を繰り広げたりするなど、“モトカレマニア”となり、混乱と暴走と試行錯誤を繰り返すユリカ。そんな彼女の前に、就職した不動産会社の同僚として、元カレのマコチが現れる……。

趣里が演じるのは、山下章生(浜野謙太)が勤める大手食品メーカーの同僚・加賀千鶴。原作には登場しないドラマオリジナルキャラクターの千鶴は、結婚に興味はなく、自らが経済的に困らないための“手段”だと割り切っている。そこに現れたのが山下。めったにない北海道から東京本社に栄転を果たした将来性とご飯の食べ方がきれいなところを目の当たりにし、“ちょうどいい結婚相手”と、近づく。メンタルが強そうに見える千鶴だが、実は豆腐のようにメンタルは弱い。傷つかないための恋愛戦略を敷くため、想定通りに物事が運ばないと激しく動揺する。虚勢を張って生きる千鶴が、新木演じるユリカや山下と出会い、接する中でどのように変わっていくのか?

また、千鶴の後輩新入社員・服部紡を大倉空人(おおくら・たかと)が演じることも決定。大倉がテレビドラマに出演するのはキャリア初となる。

趣里のコメントを以下に、紹介する。

――フジテレビ系地上波ドラマ初出演が決まって。

私はずっと見る側で楽しませて頂いていたフジテレビドラマ。出演する喜びもありますが、“しっかりやらねば”と、身が引き締まる思いです。

――ラブコメに出演することについて。

私はなぜだか恋が実らない役が多いので、今回こそは(恋愛が)成就することを願っています(笑)。加賀千鶴を楽しんで演じたいと思います。

――このドラマへの意気込みと番組を楽しみにしている視聴者へのメッセージ。

個性と魅力にあふれるキャストの皆さん、スタッフの皆さんとこの“モトカレマニア”の世界をどう創っていけるか私自身楽しみにしています。皆さんに毎週木曜よる10時が楽しみになるようなドラマになればうれしいです。

関連記事(外部サイト)