山崎育三郎『めざましテレビ』10月プレゼンター就任!「即決で決めました」

山崎育三郎『めざましテレビ』10月プレゼンター就任!「即決で決めました」

山崎育三郎

山崎育三郎が、10月担当のマンスリーエンタメプレゼンターとして『めざましテレビ』(フジテレビ系、毎週月〜金曜5:25〜)に出演することが決定。10月1日(火)、8日(火)、15日(火)、22日(火)、29日(火)に出演する。

マンスリーエンタメプレゼンターとは、俳優、アイドル、芸人など、日本のエンターテインメント界で活躍している人たちが月替りでMCを担当していく企画で、2018年6月からスタート。6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」「めざましじゃんけん」、生原稿読みなどを行い、7時台からはMCの1人として番組終了まで登場。エンタメ担当の軽部真一アナウンサーと共に、さまざまなエンタメニュースを伝えていく。

山崎は2007年にミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス役に抜てきされ、気品のある歌声、歌唱力、確かな演技力で多くの観客を魅了した。そのほか、『ミス・サイゴン』のクリス役、『エリザベート』のルイジ・ルキーニ役、そして『モーツァルト!』『プリシラ』では主演を務め、ミュージカル界を牽引する俳優だ。ミュージカル、舞台のみならず、ドラマ『下町ロケット』(2015年、TBS)、『昭和元禄落語心中』(2018年、NHK)への出演や実写映画『美女と野獣』の野獣役の日本語吹替版キャストを務めたほか、歌手として全国ツアーを成功させるなど、活躍の場は幅広い。そんな山崎が『めざましテレビ』で、どのような情報プレゼンターぶりを発揮するのか?

なお、山崎が『めざましテレビ』のスタジオに生出演するのは初めて。さらに情報番組のプレゼンターには初挑戦となる。コメントを以下に、紹介する。

――今回のお話がきたときの率直な感想は?

子供の頃から見ていた『めざましテレビ』の一員になれることがうれしかったです。普段お世話になっている軽部アナの力になれればと思い、即決で(出演を)決めました。

――『めざましテレビ』に対する印象は?

軽部アナの蝶ネクタイ。そして学生時代は、明るいスタジオから笑顔あふれる皆さんに励まされ、眠たい目をこすりながら登校していた事を思い出します。

――最後に、エンタメコーナープレゼンターとしての意気込みをお願いします。

自分に出来ることに挑み、番組を少しでも盛り上げたいです。これを機に、早寝早起き、規則正しい生活を送ります。

関連記事(外部サイト)