賀来賢人『ニッポンノワール』の撮影快調を報告!現場では井浦新の誕生日サプライズも

賀来賢人『ニッポンノワール』の撮影快調を報告!現場では井浦新の誕生日サプライズも

主演の賀来賢人がここまでの撮影を振り返る

この度、10月13日からスタートする賀来賢人主演の日曜ドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)のシーン写真が公開された。また賀来からは、これまでの撮影を振り返ったコメントも到着。撮影が順調であることを報告した。

本作は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が手掛けるアンストッパブル・ミステリー。叩き上げの刑事・遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ますと、数か月間の記憶を失っていた。右手には拳銃、横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の死体。殺したのは自分なのか、それとも……。真相を追い求める遊佐に、かつての仲間だった同僚刑事が迫る。そして事件は未解決だった「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく。

撮影は、9月上旬にスタート。これまで遊佐と公安部のエース・才門要(井浦新)が激しいやり取りを交わすシーンや、物語冒頭で遺体となって発見される碓氷薫が息子と過ごした日々の回想シーン、「パーリーピーポー!」が決めゼリフのファンキー刑事・名越時生(工藤阿須加)が所狭しと暴れまわるシーンなどの撮影が行われてきた。

そして、先日は、遊佐のホームグラウンドとなる捜査一課のセットがついに完成。遊佐のほか、捜査一課長の南武修介(北村一輝)、刑事の江國光成(杉本哲太)、高砂明海(立花恵理)ら、碓氷班メンバーが初めて勢揃いし、セットでの撮影初日を迎えた。

撮影では全員が演技に集中。スタジオ中に熱量が充満し、ピリッとした空気の中で、1シーン撮影するごとにスタッフと出演者がアイデアを出し合いながら、細部までこだわった撮影が進められた。

一方、緊張感のある撮影の合間には、ホッと一息つける出来事も。先日、誕生日を迎えた井浦に対し、共演者とスタッフから誕生日のサプライズが行われ、豪華なデコレーションケーキが登場。“雲のような存在感”を放つ異色の刑事・才門を演じる井浦も、この時ばかりはお茶目な表情を見せ、現場の空気を和ませていた。

また、順調に撮影が進む中、主演の賀来はセットでの撮影を振り返り、「作りこまれた警察署の中や空気感がすごく素敵でしたし、碓氷班のメンバーが全員勢ぞろいしたので、芝居で感覚がつかめたのは大きいですね」とコメント。そして、「まだ序盤なので、遊佐清春はどこまでテンション上げていいのか、声のトーンなども探りながら演じ始めました」と、演じてみた感触を語った。

北村演じる南武とのシーンの撮影については、「北村さんが話す場を設けてくれて、監督とも共有できたのですごくいい話し合いをしながら進められています」と好調であることをアピールし、自身の役に関しては、「台本の文字で見た時より、演じてみると、遊佐清春はより人間的だし、その魅力を膨らませる方法がすごくあるキャラクターだと感じていて、彼のクールだけじゃない部分も表現できると思っています」と説明。最後は、「演じていくうちにもっとアイデアが出てくるオリジナル作品だと思うので、OAを楽しみにして頂けたらと思います」と締めくくった。

関連記事(外部サイト)