マツコが圧倒された強烈キャラとは?裏原宿の人気古着ショップと中継『マツコ会議』

マツコが圧倒された強烈キャラとは?裏原宿の人気古着ショップと中継『マツコ会議』

全身を「オパール」の商品でコーディネートした女子高生

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00〜)。9月28日の放送は、裏原宿で女子高生に人気のアパレルショップ「オパール」と中継を結ぶ。

“裏原宿”といえば、1990年代にオシャレなエリアとして“裏原ファッション”が大流行したが、最近女子高生の間で再びブームとなっている。特に最新ファッションに敏感な若者に人気なのが、今回中継する「オパール」という古着屋さんなのだそう。味のあるお店の看板と一緒に写真を撮るために若者が集まるほど人気だというが、「赤羽に行ったらそんなのいっぱいあるわよ」とマツコが早速つっこむ。

店内へ入っていくと、10代半ばの男女と遭遇。今日は三重県鈴鹿市と名古屋から来たそうで、インスタグラムでフォローしている好きな女の子がよくこのお店に来ていたのを見て、初めて来店したとのこと。女の子に気になる商品を聞くと、「バラ」「おっぱい」「愛されたい」と書かれたリング3つをチョイス。どれがいいかマツコに尋ねると「その中だったらおっぱいかな」と、マツコはおっぱいをかたどった透明なリングを気に入ったようだ。

続いて、商品のコンセプトについて、オパールのデザイナー・manitasさんに話を聞くと、若い頃から変なモノが好きで、高円寺に古着を買いに行っていて思いついたという。「本当にマニアな人は高円寺に行ってるもんね」とマツコも古着事情に詳しいようだ。

さらに、全身をオパールの商品でコーディネートした女子高生たちが登場。女の子が履いていたシルバーの靴に注目したマツコは「あれとか超80年代だよね。今だとあの感じはでないんだよね〜」と80年代ファッションを懐かしそうに語った。お気に入りのコーディネートを聞くと、「不良少女」と書かれたネックレスを挙げて「四字熟語が好きなんです!」と話す女の子たち。一番好きな四字熟語は学校にある「正面玄関」の看板だという女の子に「なんか分かるわ〜」とマツコは共感し始める。

彼女たちのオシャレの感覚が分からないという保野Dに対し、マツコは「こういうのが可愛いって思うセンスは分かる。今まで原宿の色んな店出てきたけど、一番(感覚が)近い。スゴいオシャレだなって思う」と今の裏原ファッションに自身の趣味と相通ずるものを感じ取ったのだった。そして、マツコも思わず「結構ヤバい! 原宿でも厄介者よ!」と圧倒された強烈キャラも登場する。

関連記事(外部サイト)