10週連続ゲスト声優まつり!『ちびまる子ちゃん』初代ED担当B.B.クィーンズ、ももいろクローバーZら

ももいろクローバーZやB.B.クィーンズが『ちびまる子ちゃん』ゲスト声優として登場へ

記事まとめ

  • 『ちびまる子ちゃん』で10月6日の放送から<10週連続ゲスト声優まつり>が始まる
  • ももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れに)がゲスト声優
  • 『おどるポンポコリン』初代担当B.B.クィーンズや永島優美アナ・久慈暁子アナも声優に

10週連続ゲスト声優まつり!『ちびまる子ちゃん』初代ED担当B.B.クィーンズ、ももいろクローバーZら

10週連続ゲスト声優まつり!『ちびまる子ちゃん』初代ED担当B.B.クィーンズ、ももいろクローバーZら

シーンカット

10月6日の放送を皮切りに、『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系、毎週日曜18:00〜)<10週連続ゲスト声優まつり>と題し、B.B.クィーンズ(近藤房之助、坪倉唯子)、ももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れに)ら、豪華ゲスト声優が10話連続で番組に登場することが決定した。

1990年1月7日に放送をスタートしたアニメ『ちびまる子ちゃん』が2020年1月にアニメ化30周年を迎える。それを記念し、今年4月から1年間を<ありがとう!アニメ化30周年 みんなとちびまる子ちゃんイヤー>と題して、さまざまな企画で番組を盛り上げてきた。4月7日の放送からはさくらももこ漫画原作の中から、人気の高いえりすぐりの10作品を新規作画・演出でお送りする<10週連続さくらももこ原作まつり>が話題を呼んだ。

まずはその第1弾として、番組開始当初のエンディング主題歌を担当、その歌声で大ブームを巻き起こした『おどるポンポコリン』初代担当B.B.クィーンズの近藤と坪倉、第2弾は、永島優美・久慈暁子(フジテレビアナウンサー)が、第3弾は、一部既に発表されている通り、ももいろクローバーZがゲスト声優をつとめる。

B.B.クィーンズの二人が登場するのは10月6日放送の「まる子、さすらいのジャグラーに会う」の巻。近藤と坪倉の二人が演じるのは清水の町に突如現れた二人組の曲芸師。赤ちゃんからおじいさんまであらゆるお客さんもたちまち笑顔にしてしまう不思議な力をもった二人に偶然会い、曲芸のお手伝いをすることになったまる子はすっかり二人に魅了されてしまう。その後、またいつか会えないかとまる子が探していたところ、偶然電車でみかけることとなり、二人を追いかけるのだが果たしてまた会うことができるのか?

永島アナ・久慈アナが演じるのは、10月13日放送の「まる子、運動会がめんどくさい」の巻に登場する、まる子と同じ小学校に通う少し先輩のゆうみちゃんとあきこちゃん。運動会で放送係を担当するゆうみちゃんとあきこちゃんだが、実況の練習がなかなかできないと悩んでいる所にまる子たちが協力するというお話。さすが声を生業にするアナウンサーの二人、収録では大ベテランの声優陣の中でも遜色のない素晴らしい声優ぶりを見せた。

10月20日放送の「まる子、お茶を楽しむ」の巻に登場する、お茶屋さんのかわいいお茶娘<かなこ、しおり、あやか、れに>の4人組の声を担当するのがももいろクローバーZ。『ちびまる子ちゃん』の30周年アンバサダーも務めるももクロの4人がお茶や急須に関する豆知識を披露し、清水のお茶をしっかりPRする。長せりふや、普段話し慣れない単語も難なくこなし、安定した声優ぶりで周囲を驚かせた。

上記3組の後も12月にかけて『ちびまる子ちゃん』には超豪華なゲスト声優が毎週登場する予定だ。番組にゆかりのある方や、さまざまな分野で活躍する方などがおなじみの清水の町でまる子の暮らしの中に、新たに登場するキャラクターを演じることとなる。この先どんな豪華なゲスト声優が登場するのか是非今後の発表に注目だ。

<坪倉唯子 コメント>
私は小さい頃から声が変わっていて、声優になりたいと思っていたので最初に『ちびまる子ちゃん』の声優のお仕事を頂いた時はものすごくうれしかったし、いまも超うれしいです。今回演じたのはジャグラーの役で、鍋を回したり、普段は絶対できないことをさせてもらったので楽しかったです。実際演じてみて、最初は緊張していたのか周りをちゃんと見られず指示の意味がよくわからなかったりしましたが、少しずつ慣れました。また機会があれば是非挑戦したいです。

<近藤房之助 コメント>
できるかな? と言うのが最初の印象でした。ナレーションの仕事は経験があったけれども、せりふと動きのタイミングをあわせたり、声優さんの仕事は難しいのではと思いましたが、孫が喜んでくれそうなのでやってみてよかったです。台本を事前に見られなかったので、あたって砕けろという精神でやりました! もしもう一度オファーがあったら。。。僕ちょっと考えちゃいます!(笑)。

<永島優美フジテレビアナウンサー コメント>
まさか自分がちびまる子ちゃんの世界に入れるとは……! と、うれしい気持ちを噛みしめながら収録に臨みました。たくさんあったせりふの中でも“あっ!”や“あぁ……”など、普段ニュース原稿では使わない感嘆詞が特に難しかったです。改めて声優さんの凄さを感じました。劇中、まるちゃんと掛け合いが出来たこと、孫の代まで伝えます!

<久慈暁子フジテレビアナウンサー コメント>
アフレコのヘッドフォンを付けたときに聞こえてきたまるちゃんの声で、小さい頃から見ていた<あの>ちびまる子ちゃんの世界に私も参加させてもらっているんだと感激しました。普段の原稿読みとは全く違って、笑い1つにしても<照れ笑い><安堵の笑い>などを表現するのがほんとに難しく感じました。声優初挑戦ですが、ぜひ<あきこちゃん>を見つけて見てください。

<百田夏菜子 コメント>
過去に他の方がゲスト声優を務めるのを見て羨ましいなと思っていたので、今回の話をいただいて本当にうれしかったです。長い説明ゼリフがあって、なじみのない言葉をたくさん言わないといけなかったのでそこが少し大変でした。自分も静岡県出身で、毎日急須でお茶を飲んでいたので静岡のお茶の良さを伝えられてうれしかったです。

<玉井詩織 コメント>
台本を読んだだけで、まるちゃんの世界観が頭の中で広がってイメージすることができたのですが、その世界観に自分が入れるのか少し不安でした。でも実際はすっと入ることができたので良かったです。吹き替えを始める前の説明で、“自由に演じていいよ”と言っていただいていたので楽しんで演じることができました。

<佐々木彩夏 コメント>
声優のお話をいただいたときはとにかくうれしかったです。実際演じてみたときは、すでにまるちゃんたちの声を入れていただいていたので、まるでまるちゃんたちと実際におしゃべりをしているみたいな感覚で、すごく楽しく演じることができました!

<高城れに コメント>
『ちびまる子ちゃん』はやっぱりみんなが知っている定番のアニメなので、その世界に自分がなじむことができるか最初は不安だったけど、実際やってみてまるちゃんと会話しているのがうれしかったです。お茶屋さんのお茶娘を演じたのですが、実際には売り子さんとか、やったことがないのでやってみたことがないことを経験できて楽しかったです。

関連記事(外部サイト)