高岡早紀、自称28歳の純愛モンスター役で主演!サイコスリラー『リカ』スタート

高岡早紀、自称28歳の純愛モンスター役で主演!サイコスリラー『リカ』スタート

リカ(高岡早紀)のターゲットになってしまう副院長の大矢昌史(小池徹平)

高岡早紀が、自称28歳の純愛モンスター役で主演するオトナの土ドラ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40〜)が、10月5日からスタートする。

同ドラマは、純愛を貫くがゆえに狂気と化してしまう主人公・リカ(高岡)の、愛情への渇望を描くサイコスリラー。第2回ホラーサスペンス大賞を受賞したベストセラー、五十嵐貴久の「リカ」シリーズの中から、「リハーサル」「リカ」の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化する。どんな女性の心の中にも“純愛”や“情念”や“固執”は潜んでいる。また、どんな男性の心の中にも“ちょっとした心の隙”“油断”は存在する。そんな誰もが陥るかもしれない恐怖体験を描き出していく。

リカのターゲットとなる男性を演じるのは小池徹平と大谷亮平。第1部に出演する小池は、病院の副院長で将来を嘱望される外科医・大矢昌史を演じる。そして第2部に出演する大谷は、映画製作会社プロデューサーの本間隆雄を演じる。さらに、第1部、第2部を通して出演し、リカに運命を狂わされてしまう悲劇の女性・丘留千秋を夏菜が演じる。

<第1話 あらすじ>
どことなく怪しげなマンションのとある一室。美しいハーバリウムが飾られた中、真剣な表情でメイクしているのは、雨宮リカ(高岡)。顔をメイクした後、左腕にある不気味な痣をファンデーションで隠していく……。

地域医療に根差した個人病院、花山病院の副院長・大矢昌史(小池)は、優秀な外科医で患者や看護師たちの信頼も厚い。その日花山病院は、看護師補充の面接をしていた。終わり間近に、コツコツと靴音を響かせやってきた女、それがリカだった。28歳と本人が自称する年齢に違和感は抱いたものの、豊富な経験は申し分なく、日本医師協会前会長からの推薦状まで持参したリカに、大矢は思わず「あなたみたいな優秀な方が何故うちに」と尋ねると、リカは嬉しそうに「運命なんです」とつぶやく。その時、リカの左腕の痣が薄紅色に浮き上がったのを、看護師長の小山内(池谷のぶえ)だけは見逃さなかった。面接後、大矢ら男性医師はリカの採用に傾くが、小山内だけはリカの冷え冷えとした得体のしれない空気に嫌悪を感じ反対する。しかし、大矢の叔父であり、脳梗塞を発症して以来特別病室で生活する病院長・花山大次郎(西岡徳馬)は、医師協会前会長の推薦状を持ったリカを断る事は出来ないと仮採用を決める。

花山病院で働き始めたリカは、大矢との仕事では優秀な看護師として手腕を発揮、見事なコンビネーションを見せるが、他の医師との仕事にはおよそやる気を見せない。そして、リカは大矢が廃棄した手袋を自宅に持ち帰り、ハーバリウムにしてうっとり眺めていた。更にリカはサボり癖のある看護師・森田(立花恵理)から大次郎の看病を譲り受け、口うるさい大次郎の心をほぐし、巧みに取り込んでいく。

「女は28歳までに結婚して、家庭に入って、愛する夫に尽くすのが一番幸せ……」そんな自分の理想を話すリカに何か不気味なものを感じ困惑する大矢。リカが働き始めたことによって、花山病院の歯車が徐々に狂っていく。

関連記事(外部サイト)