中居正広「“令和元年のドラフト”を楽しみに」8年連続MCに決定『ドラフト緊急生特番!』

中居正広「“令和元年のドラフト”を楽しみに」8年連続MCに決定『ドラフト緊急生特番!』

MCを務める中居正広

中居正広がMCを務める『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』(TBS系)が、10月17日(木)19時から3時間にわたって生放送される。中居が同番組のMCを務めるのは8年連続となる。

プロ野球界に希望の星が生まれる日「プロ野球ドラフト会議」。TBSでは、その運命の瞬間を10月17日16時50分から全国ネットで生中継。そして、同日の19時からはドラフト候補選手とその親たち数名にスポットを当て、それぞれのエピソードを紹介していく。今夏の甲子園を沸かせた奥川恭伸投手や、163km右腕・佐々木朗希投手らの交渉権を獲得するのはどの球団か!?

MCを務める中居からコメントが到着。以下に、紹介する。

<中居正広 コメント>
今回で8年連続のMCを務めますが、僕の中で連続何回ということは意識していません。毎回1回目のつもりで臨んでいます。ドラフトの日はいろいろな選手がそれぞれの思いの中で挑む日ですから。普通であれば学生さんたちが“こんな会社に行きたい、就職試験を受けます、合格しました”という流れだと思います。
プロ野球は行きたい気持ちだけでは就職できないですし、ドラフトの日を迎えるまでの経緯や過程もそれぞれありますから、間違いなくターニングポイントとなる大事な日です。そして、選手だけでなく、そのご家族の思いや、どんな苦労があったのかを、パネラーゲストの皆さんと一緒に見ていきたいと思います。去年は高校球児がドラフトの注目をさらった感じでしたが、大学生や社会人にも凄い選手が沢山いますので今年はどうなるか? やっぱり高校野球を沸かせた佐々木朗希投手(大船渡)や、奥川恭伸投手(星稜)などが注目されていると思いますが、球団の皆さんが考えることは僕のような素人にはわからない部分ですので、選手の実力だけでなく将来性、スター性など、いろいろなことを考えて判断を下される“令和元年のドラフト”を楽しみにしています。

関連記事(外部サイト)