吉永小百合、天海祐希と石田ゆり子の“スナック”に来店!都市伝説の真相を明かす

吉永小百合、天海祐希と石田ゆり子の“スナック”に来店!都市伝説の真相を明かす

左から、石田ゆり子、吉永小百合、天海祐希

吉永小百合が、10月16日(水)22時から放送されるスペシャル番組『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』(フジテレビ系)にゲスト出演することがわかった。吉永がフジテレビのバラエティ番組に出演するのは約5年ぶり。MCの天海と石田が、吉永の神秘のベールに包まれた私生活を暴いていく。

この番組は、天海がママ、石田がチーママに扮し、架空のスナック「あけぼの橋」に“お客さん”を招いてプライベートトークを繰り広げる不定期放送のトークバラエティ。2016年に初回を放送して以来、オンエアの度に大好評を博しており、今回が4回目の放送となる。

吉永の出演は、10月11日(金)に公開される映画『最高の人生の見つけ方』で天海と共演したことがきっかけとなったことから実現。吉永は過去の放送を見ていたことを明かし、「2人で番組をやっていてうらやましかったです。今回、3人で“リリーズ”で集まれてうれしい」と喜んだ。

吉永の言う“リリーズ”とは、3人の名前に“ゆり=lily”が入っていることに由来するユニット名のこと。これまでにそれぞれが映画などで共演したことはあっても、3人が一度に集まることはなかったそうで、今回が初めての“リリーズ”での共演となった。

吉永に対し、かねてから「尊敬してやまない」と公言していた天海は共演に大興奮。一方、「この番組はいつも緊張する」と語っていた石田は、吉永がゲストということでさらに緊張感が増したという。

しかし、いざ収録がスタートすると、天海も石田もお酒の力を借りて、吉永を質問攻め。「コンビニに入ったことがない」や「駅のホームで腰に手をあてて牛乳を飲む」など、私生活が謎に包まれているために生まれたと思われる、吉永にまつわる“都市伝説”の数々を本人に直接問いただしていく。

さらに、番組恒例のカラオケ企画も実施。天海が「そろそろ誰かカラオケを歌わない!?」と水を向けると、“お客さん”として来店していたムロツヨシも乗り気に。『NHK紅白歌合戦』に出場したこともある吉永は、果たしてその美声を響かせるのか。“歌手・吉永小百合”がカラオケで歌うのかどうかは、放送で明らかになる。

収録を終えた吉永は、「普段、バラエティ番組に出演させていただくことがないので、どういう風になるのかなと想像がつきませんでした。でも、収録が始まると、普段の私と天海さんとゆり子さんとムロさんの仲の良い関係性の中で、たくさんのお話ができたと思います」と満足げ。視聴者に向けて、「天海さんの男らしさ、ゆり子さんの優しさが最高です。2人の自然体の面白さが会話からでていますので、ぜひお楽しみにしてください」とメッセージを伝えた。

番組ではこの他、大東駿介、高良健吾、山崎育三郎もゲスト出演。天海と石田は、お馴染みとなった“チーママ特製手料理”で3人をもてなしつつ、それぞれの素顔を探っていく。

以下は、天海と石田のコメント。

<天海祐希、石田ゆり子 コメント>

――収録を終えて。

天海:お疲れさまでした。やっぱり、本当に疲れたね(笑)。

石田:「スナックあけぼの橋」、私は本当に緊張しっぱなしで。

天海:私もそうだって!

石田:私は本当にどうしていいかわからなくて。とてもぜいたくな時間なんですけど、人に楽しくお話を伺いながら番組を進めることがとても難しくて。全部天海さんに頼りっぱなしで……。

天海:全然! 私もできてないですよ。なんにもできてないです。

石田:私はずっと必死で料理しているだけで……。

天海:ゆり子ちゃんはいろいろ考えてやってらっしゃるのはわかるけど、このままでいいの。このままでいてほしい。それが、すてきです。でも……やっぱり本当に疲れるよね(笑)。疲れるのは悪い意味じゃなくて。ゲストの方とのトークの楽しさが伝わるかなとか、その方のすてきなところをもっと出せたらいいなと思うし、スタッフの方の情熱に応えられたらいいなぁと考えると、自分の許容範囲を超えることがあります。

石田:この場をどうしたらいいのか迷っている間に、その場はどんどん変わっていってしまって。そこに臨機応変に対応していく自分の技術の無さを感じます……。

天海:そんなことないわよ。ゆり子ちゃんは理想とするところがとても高いんだよ。十分。これでいいと言っているわけじゃなくて、今のままですてきだから本当に大丈夫よ。

――吉永の初来店について。

天海:すごいことですよね!

石田:本当にすごいことです!

天海:“リリーズ結成”と言いながら3人で会ったことは一度もないんです。それぞれが話しているのを人づてに聞いている程度で。今回3人が集まるのは初めてです。すごいスリーショットですよね! って、自分で言うのもあれですけど(笑)。

石田:夢のようですよね。

天海:世の中の方は小百合さんのすてきさ、かわいさ、可憐さは充分ご存じでしょうけど、それを上回るものがあるので、ぜひなんとしてでもそれが番組を通して見ている方へ伝わるといいなと思います。でも……いらっしゃってくれた方に多々失礼なことをしているので(笑)、大丈夫かしら(笑)。

――視聴者の方へ。

石田:見て下さるだけでありがたいです。いろんな方に「あけぼの橋、またやらないの?」「いつやるの?」とよく聞かれるんです。私なんかこんなめちゃくちゃなのに、たくさんの方が楽しみにして下さるのがすごく不思議な感じがしています。でもこんな番組は他にないので、また修行して次回に向けてがんばりたいと思います(笑)。

天海:今回で4回目なんて、よく続きましたよね。この番組が好きで応援してくださる方とか、スタッフの方の情熱に支えられてなんとか続けられていると思うので感謝しかないです。これまで来てくださったゲストの方の魅力のおかげで4回も続けることができて、本当にありがたいです。今回、またみなさんに見ていただけるのが私としてもうれしいことなので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。

関連記事(外部サイト)