GLAY、大泉洋と同郷対談!解散危機などを赤裸々に語る『SONGS』

GLAY、大泉洋と同郷対談!解散危機などを赤裸々に語る『SONGS』

記事画像

今年、デビュー25周年を迎えた4人組ロックバンド・GLAYが、10月5日放送の『SONGS』(NHK総合、毎週土曜23:00〜)に登場。番組責任者の大泉洋との北海道・同郷対談で、デビュー25周年の今だから話せることを赤裸々に告白。さらに、番組史上最大規模のスタジオライブを行う。

1994年のメジャーデビュー以来、数々の大ヒット曲を放ち、ライブの動員数などにおいても記録を樹立してきたGLAY。一度も活動休止や解散をすることなく、精力的に音楽活動を続けてきている。なぜ彼らは25年間走り続けてこられたのか――。今回、その理由と彼らの音楽の魅力に迫っていくことに。

番組では、同じ北海道出身で、GLAYには一方ならぬ思いを持つ大泉との対談が実現。デビューして25年たった今だからこそ素直に話せる、25年で「一番つらかったこと」「一番うれしかったこと」をテーマに、デビュー前の貧乏だった時代の生活の様子、ヒット曲を連発した時の苦悩、さらに解散の危機に陥ったエピソードなど、紆余曲折の歩みを飾ることなく赤裸々に語る。

さらに、スタジオに1000人のファンを集めた、『SONGS』史上最大のライブを敢行。1997年にヒットチャートで初めて1位を獲得した「口唇」、1999年にレコード大賞を受賞した「Winter,again」を披露。そして、「ここまでキャリアを積み重ねた今だからこそ歌える曲」と、TERUが自らの父親を思って作った最新曲「COLORS」を歌い上げる。25年間にわたって培ってきた4人の絆と、心震わすGLAYサウンドは必見だ。

関連記事(外部サイト)