磯山さやか、宝くじ6億円が当選した茨城のパワースポットを紹介

磯山さやか、宝くじ6億円が当選した茨城のパワースポットを紹介

左からオカダ・カズチカ、磯山さやか、王林、勝俣州和

10月10日(木)21時から放送の『秘密のケンミンSHOW&ダウンタウンDX 合体SP』は、磯山さやか、王林(りんご娘)、大原優乃、オカダ・カズチカ、佐野史郎、トラウデン直美、ロッチらをゲストに迎え、「芸能人の地元、実家におじゃまSP」と題して放送する。

地元のパワースポットの話題に、島根出身の佐野は出雲大社に集まった神々が帰る時に立ち寄る佐太神社について語り、奈良出身の中岡創一(ロッチ)は「初代天皇の神武天皇が祀られている」と橿原神宮の魅力をアピール。初登場となる京都出身のトラウデンは「美容の神社。鏡絵馬に自分のメイク道具でメイクをすると美人になれる」と女性にオススメの河合神社について語る。そして、茨城出身の磯山は金運が上昇して宝くじが当たると言われている酒列磯前神社を紹介。この神社の宮司が祈祷した宝くじ売り場では令和になってからサマージャンボ6億円が当選したらしく、磯山は「私も買ってみたんです。3000円が数万円になったんですよ。ここ、すごいです」とご利益をアピールする。

初登場となる愛知出身のオカダは、後輩レスラーーたちを連れて地元グルメ爆食旅へ。人気の喫茶店ではトーストタワーが400円という衝撃のモーニングを注文。家族で通っている馴染みの中華料理店ではソウルフードの名物丼を頼む。さらにオカダは後輩と一緒に実家に帰宅。オカダの母親はカリスマレスラーの礎を作った思い出のメニュー、みそかつ、ジャンボハンバーグを用意。今では屈強な大男のオカダだが、「身長は高かったですけど、体重は60kg後半でしたね」とデビュー前の驚きの事実を明かす。

さらにオカダはスタジオで金の雨を降らす「レインメーカー」を披露。出演者はお札を拾い集めて大騒ぎとなるが、浜田雅功(ダウンタウン)は「散らかすな」とオカダをドツく。

20歳の誕生日を目前に控えた鹿児島出身の大原は、10代最後の里帰り旅を敢行。大原は世界的に有名な温泉スポットの指宿を訪れ、砂むし温泉で体をリフレッシュする。続いて、大原は実家に帰って両親と再会。以前、番組に出演した際、大原の写真集を恥ずかしくて見られなかった父親だが、この日は目を背けずに娘のセクシーショットもある写真集を直視。大原は「メッチャ見るじゃん。見ないで!」と逆に赤面するまさかの展開に。さらに大原は、桜島の噴火は年間1000回くらいあるため、県民にとっては“あるある”だと語る。

関連記事(外部サイト)