森矢カンナ、髪をバッサリ切って20年後の花沢さんに変身!カツオとは友達以上の恋人未満『磯野家の人々』

天海祐希主演『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』で森矢カンナは花沢さん役

記事まとめ

  • 天海祐希主演の『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』が11月24日に放送される
  • 森矢カンナは、20年後の31歳になった“花沢さん”こと花沢花子を演じる
  • 西島秀俊はマスオ、濱田岳はカツオ、松岡茉優はワカメ、成田凌はタラオを演じる

森矢カンナ、髪をバッサリ切って20年後の花沢さんに変身!カツオとは友達以上の恋人未満『磯野家の人々』

森矢カンナ、髪をバッサリ切って20年後の花沢さんに変身!カツオとは友達以上の恋人未満『磯野家の人々』

31歳になった花沢花子を演じる森矢カンナ

女優の森矢カンナが、11月24日(日)20時から放送される天海祐希主演のスペシャルドラマ『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』(フジテレビ系)に出演することがわかった。森矢が演じるのは、20年後の31歳になった花沢花子。カツオの小学校の同級生だった“花沢さん”を森矢がどう演じるのかに注目が集まる。

本作は、アニメ『サザエさん』の放送50周年を記念し、磯野家の20年後を描くスペシャルドラマ。サザエ役の天海の他、マスオ役の西島秀俊、カツオ役の濱田岳、ワカメ役の松岡茉優、タラオ役の成田凌、フネ役の市毛良枝、波平役の伊武雅刀の出演が決定している。さらに、マスオの同僚である穴子を小手伸也、波平の甥であるノリスケを八嶋智人、サザエとマスオの娘でタラオの妹のヒトデを桜田ひよりが演じる。

花沢さんといえば、小学校ではカツオと隣同士の席で、将来の夢は「磯野くんのお嫁さん」と公言していたカツオのガールフレンド的な存在。豪快な笑い声とパワフルな言動でカツオを圧倒する反面、料理や裁縫が得意など、高い女子力を併せ持っていた。

そんな花沢さんも20年経ち、アラサーに。豪快で男勝りな部分はナリを潜め、女子力の高さに磨きがかかり、おしとやかで献身的な女性へと成長。身長にいたってはカツオを超えている。将来の夢だったカツオのお嫁さんにはまだなれないものの、シェフとして自身の洋食店を切り盛りしているカツオとは、友達以上の恋人未満な微妙な関係を続けていた。

カツオの洋食店がうまくいくことを誰より願っており、実家の花沢不動産で手伝いをする傍ら、時間があればカツオの店を訪問。新メニューの味見役を務めるなど、カツオを応援し続けている。

そんな力強さと美しさを兼ね備えた“花沢さん”を演じることになった森矢は、今回のオファーについて、「実写!? しかも20年後!? そして私が花沢さん!? と3段階でびっくりしました(笑)。磯野家の将来を描くなんて、なんてワクワクする企画なんだ! と、楽しみで仕方なかったです」と声を弾ませた。

撮影に際しては花沢さんの髪型にこだわったそうで、「11歳だった花沢さんも31歳に。誰も知らない中学、高校、20代。この20年間をどう埋めていこうかと悩んだのですが、その花沢さんを研究していく中で、やっぱりあの2つ結びは再現したい! と思い、髪を20cmほどザクッと切って、あのコロンとした2つ結びを再現しました」と告白。そして、「好きなモノは好き! という花沢さんの真っすぐで芯のブレない部分は演じていて楽しかったです」と手応えを語った。

また、ドラマの見どころに関しては、「磯野家の人々は親の気持ち、子の気持ちなど、それぞれ登場人物の心情が丁寧に温かく描かれていて、見る人の立場によって、色んな共感の仕方ができると思います」とコメント。「秋の夜、くすっとほっこりした時間を過ごしてください」とメッセージを伝えた。

関連記事(外部サイト)