爆速ヒント動画公開!第1話に散りばめられた嘘と真相に繋がるヒントとは?『ニッポンノワール』

爆速ヒント動画公開!第1話に散りばめられた嘘と真相に繋がるヒントとは?『ニッポンノワール』

賀来賢人、工藤阿須加

賀来賢人主演のドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)の第2話が、10月20日に放送される。

本作は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が手掛けるアンストッパブル・ミステリー。賀来のほかに広末涼子、井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、立花恵理、佐久間由衣、杉本哲太、笹野高史らの出演が決定している。

叩き上げの刑事・遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ますと、数か月間の記憶を失っていた。右手には拳銃、横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末)の死体。殺したのは自分なのか、それとも……。真相を追い求める清春に、かつての仲間だった同僚刑事が迫る。そして事件は未解決だった「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく。

このたび、第1話を丸ごと13秒で振り返ってしまう「アンストッパブル・ダイジェスト」なる動画が、YouTube日テレ公式チャンネルで公開された。そのスピード感もさることながら、今回の動画は、「第1話を視聴してさまざまな“違和感”や“疑問”を抱かれた方々へ」という意味深な問いかけでスタートしており、第1話の放送あとにSNSなどで巻き起こった数々の疑問点に対して、その謎を解き明かし、ストーリーの真相に繋がる多くのヒントが、実は第1話に隠されていると明言している。しかも、この「アンストッパブル・ダイジェスト」が、その真相に近づける“爆速ヒント動画”であるようで……。はたして、今後の展開に繋がる「重大なポイント」とは?

<第2話あらすじ>
碓氷薫(広末)殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来)。ここ数か月の記憶は綺麗に吹き飛んだように消え去っていた。殺害された薫が死の直前まで追っていた「十億円強奪事件」の真相。その犯行には警察関係者が関与していた疑いが浮上していた。

清春の自宅に残されていた「十億円強奪事件」の計画書と犯行に使われた拳銃。清春は本当に犯人なのか……? そしてついに、本城諭(篠井英介)率いるSITが突入する。そのとき清春は……!? 警察の用意周到な包囲網。まだ自らが犯人だという根拠を持てない清春は思う。「誰かが俺をハメようとしている――」身内であるはずの警察関係者すべてが怪しく見えてくる。

碓氷班の面々は捜査一課長の南武(北村)から「碓氷薫殺害事件」と「十億円強奪事件」を同時進行での捜査を指示される。2つの事件の鍵を握るのは薫の一人息子・克喜(田野井健)。清春は克喜とともに薫が隠した「十億円強奪事件」の証拠を追う。その捜査の中、本城の娘・芹奈(佐久間)が隠していた「ある秘密」が明らかになる。そして芹奈は1週間前に今は亡き薫と会っていたという。

さらに捜査を進める清春。だがその頃、克喜のもとには“意外な人物”の手が伸びていた……。清春と克喜を狙う人物の正体は? 絡み合う2つの事件。入り混じる謎と裏切りに次ぐ裏切り。登場人物すべてが容疑者のアンストッパブル・ミステリー……謎の連鎖は加速してゆく。

関連記事(外部サイト)