Sexy Zone佐藤勝利とKing & Prince高橋海人、高校生の悩み受け止める『ブラック校則』緊急集会

Sexy Zone佐藤勝利とKing & Prince高橋海人、高校生の悩み受け止める『ブラック校則』緊急集会

Sexy Zoneの佐藤勝利、King & Princeの高橋海人

Sexy Zoneの佐藤勝利とKing & Princeの高橋海人が、10月22日に開催された「“立ち上がれ今だ、早く!”『ブラック校則』 自由はそこにある!<高校生限定>緊急集会!」に登壇。雨の中、高校生のときに理不尽だと感じた校則について明かしたり、ブラック校則や世の中の理不尽なルールに黙ってられないと声をあげた高校生たちの叫びを受け止めたりした。

日本テレビのシンドラ枠(毎週月曜24:59〜)にて放送中で、11月1日から映画も公開される『ブラック校則』は、ブラックな校則に縛られ不登校気味になっていたある女子生徒との出会いから、彼女を救うため、そして本当の自由を手に入れるために、ブラックな校則と戦う男子高校生を描く、笑って泣ける青春ストーリー。

ブラックな校則に立ち向かう主人公・小野田創楽(おのだ・そら)役を本作が映画単独主演初となる佐藤、創楽の親友・月岡中弥(つきおか・ちゅうや)役を本作が映画初出演となる高橋が演じている。

今回、悩める300名の高校生が集結。佐藤は「僕、悩み相談めちゃくちゃ得意なので、バシバシ僕らに頼ってほしい」と得意顔を見せ、「寒い中で短い時間だけど、楽しんでほしい」とファンを気遣いながら満面の笑み。高橋は「僕も高校生のときは悩める子羊的存在で皆さんと一緒で。今日は全力で悩みを聞いていきたいと思います」と気合十分の様子。

まずは本作の内容にかけて、2人がこれまであった理不尽なことを明かすことに。佐藤は通っていた芸能学校も実際に校則が厳しく、恋愛禁止で登下校も男女、学年でルートが分けられていたそう。

本作にも出演している田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.)とは同じ高校で学年が1つ違ったが、「ご飯を食べてから一緒に仕事に行ってたんですが、帰るルートが違ったので一緒にお店まで行けなかったんです。違う駅で待ち合わせしてから行かないといけなくて、そこは辛くて。先輩と楽しく登下校したかったなという思いがあります」とエピソードを披露。

一方、都内の高校に通っていたという高橋は寄り道禁止だったそうで、「学校の帰り道に、焼き芋屋や屋台とかがたくさんあって、誘惑に勝てる勝てないの感じで、ずっとおどおどしながら帰ってて、それがしんどかったですね」としみじみと告白。誘惑に1回でも負けなかったのか問われると、「ちょっとそこは……」と苦笑いしながら答えていた。

今回、集まった高校生が「黙ってられない、ブラック校則や世の中の理不尽なルール」を書いたプラカードを持って2人にアピール。まずはさまざまな悩みの中から「髪色は黒色に限る」と掲げた男子高校生をピックアップ。男子高校生の「そんな校則は嫌だ! なぜかというと茶髪の女の子が好きだから」という叫びを聞き、2人は「分かる!」と大興奮。そのあと、高橋「自由はそこにある!」、佐藤が「立ち上がれ、今だ!」と叫び、会場の高校生と一体になった。

また、「女子、スカートのみの校則は嫌だ! なぜなら女子もズボンをはきたいから」という女子高校生の悩みも。佐藤は「俺はスカートがいいけどな」と明かして会場の笑いを誘いつつも、「そうなんだね」と笑顔で受け止めていた。

最後に、高橋は本作について「やりたいことをやらずに黙っているのではなく、ちゃんとやろうという勇気を持てると思う」とアピールし、「この映画を見て、皆さんが色どりを持てる人生になれるよう願っています」と爽やかな笑み。佐藤は「映画は余白のある映画だと思うので、じっくり感じ取ってほしいです。また大人も楽しめる映画になっているので、皆さんのお父さんお母さん、先生などを連れて行って、私たちは『こうしたい』という思いを映画と共にのせてほしい」とよびかけ、「雨の中、本当にありがとうございました」と感謝した。

関連記事(外部サイト)