戸田恵梨香演じる喜美子、初恋を自覚するも思いがけない方向に…『スカーレット』第5週

戸田恵梨香演じる喜美子、初恋を自覚するも思いがけない方向に…『スカーレット』第5週

川原喜美子(戸田恵梨香)、酒田圭介(溝端淳平)

戸田恵梨香がヒロインを務める『連続テレビ小説 スカーレット』(NHK総合、毎週月〜土曜8:00〜)。10月28日から第5週「ときめきは甘く苦く」が放送される。

本作は、『ホタルノヒカリ』『母になる』(日本テレビ系)の水橋文美江が脚本を担当。滋賀・信楽で男性ばかりの陶芸界に飛び込んだ川原喜美子(戸田)が、土と炎に向き合い、陶芸家として道を切り開いていく姿を描く。

喜美子の協力が実って、圭介(溝端淳平)の片思いの相手・あき子(佐津川愛美)が荒木荘にやってくることになり、圭介はすっかり舞い上がってしまう。なぜか落ち込んだ喜美子は、ちや子(水野美紀)に圭介への恋心を指摘されてようやく気づく。

しかし、喜美子を妹のようにかわいがる圭介に、あき子は逆に嫉妬。喜美子の初恋は思いがけない方向に進む。

絵が大好きな喜美子は、大阪に来てからも描くことを続けていた。女中の仕事のかたわらで本格的に絵の勉強をしたいと思いはじめ、ちや子に勧められ、学校の特別講師でもある世界的な芸術家・ジョージ富士川(西川貴教)のサイン会にいくことに。

ジョージに言葉をかけられて緊張しつつサインをもらう喜美子。そこに現れたのは、8年ぶりに会う草間宗一郎(佐藤隆太)だった。2人は思いがけない再会を喜びあい、草間は荒木荘の住人の雄太郎(木本武宏)やさだ(羽野晶紀)とも打ち解ける。

また、草間は戦後ずっと、離れ離れになった妻を探し続けてきたのだが、大阪にいることがわかったのだという。しかし今は別の男性と一緒にいると聞いて、喜美子も戸惑う。喜美子に強く勧められて、草間は妻に会って思いを伝えることにする。

関連記事(外部サイト)