桐山漣、やり手商社マン役で中谷美紀主演『ハル 〜総合商社の女〜』にゲスト出演

桐山漣、やり手商社マン役で中谷美紀主演『ハル 〜総合商社の女〜』にゲスト出演

桐山漣

桐山漣、寺田農、小林隆が、中谷美紀主演のドラマBiz『ハル 〜総合商社の女〜』(テレビ東京系、毎週月曜22:00〜)の第2話(10月28日放送)にゲスト出演することがわかった。

本作はプロデューサーを務める栗原美和子(共同テレビ)の実体験から生まれたオリジナルの企画であり、そのリアリティは折紙つき。シングルマザーで大手総合商社に勤める主人公・海原晴(中谷)が、一般常識にとらわれることなく、経営企画部・部長補佐として膨大な各部門や系列会社の諸問題を解決するために奮闘する姿を描いていく。ラーメン屋の再建から、海外の病院の買収、アパレル会社や映画会社の改革に至るまで、意外に知られていない商社の実態も垣間見ることができ、時にはトップダウンすら覆し、思いもよらない方法で解決への道を切り開いていく爽快ヒューマンドラマだ。

第2話では「シンガポールの病院買収案」を精査する新たなミッションが舞い込む。桐山は、シンガポールの病院グループの買収計画を立案した五木商事・シンガポール支社員・櫻井保役で登場する。そして、今回のプロジェクトの鍵となる医療法人「新隆会」会長・小笠原隆一役を寺田が。小笠原の秘書・熊澤巧役を小林が演じる。

また、第3話(11月4日放送)には、松澤一之と長谷川朝晴がゲスト出演することも発表された。豪華キャストと中谷がおりなす物語に注目が集まる。

<第2話あらすじ>
上司・部下の関係である海原晴(中谷)と和田寿史(藤木直人)は、元夫婦という間柄でもあった。2人はこの事実を会社には伏せることに。一方経営企画部には、シンガポールの病院の成長性を精査するという新たなミッションが。医療産業開発を急ぐ社長は病院の買収計画案を推進していた。リスクが大きくみな眉をひそめる中、晴は明日からのシンガポール出張を決める。だが翌朝、和田に出張をキャンセルするとの連絡が入り……。

関連記事(外部サイト)