元Jリーガーから車いすバスケ日本代表へ、京谷和幸を救った妻の行動に「すごい」

元Jリーガーから車いすバスケ日本代表へ、京谷和幸を救った妻の行動に「すごい」

記事画像

元Jリーガーで、現在は車いすバスケットボール男子日本代表アシスタントコーチとして活躍している京谷和幸が、10月26日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20〜)にゲスト出演。事故によりサッカー選手としての未来を奪われながら、どのように這い上がってきたのか? その不屈の生き様に迫っていく。

高校時代にはバルセロナオリンピックのサッカー日本代表候補に名を連ね、Jリーグが開幕した1993年にはジェフ市原の選手としてプロデビュー。将来を有望視されていた京谷だったが、事故で下半身不随となり、サッカー選手としての未来が絶たれてしまう。しかし、そこから這い上がった京谷は、車いすバスケットボールの日本代表になり、パラリンピックには2000年のシドニー大会から4大会連続で出場。現役引退後はコーチとして育成に励んでいる。

サッカー選手としての未来を奪われたことを知った時、「一瞬死ぬことも考えた」という京谷は、どのようにして再び前を向いて動きだしたのか? 妻・陽子さんとのエピソードが明かされると、番組MCの勝村政信や番組アナリストの福田正博も「すごい」と感嘆。そして、大人気漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦が車いすバスケを題材に描いた漫画「リアル」の制作に協力した際のエピソードが明かされる。

そのほか、車いすバスケットボールの競技用車いすの操作に勝村が挑戦。ボールを拾うだけでも難しい、車いすバスケットボールの基本的な動き方にも注目だ。

関連記事(外部サイト)