体重103kgから人生大逆転した女性が登場!幸せの掴み方に迫る『逆転人生』

体重103kgから人生大逆転した女性が登場!幸せの掴み方に迫る『逆転人生』

岩尾望、光浦靖子、山里亮太、羽林由鶴さん

山里亮太(南海キャンディーズ)と杉浦友紀が司会を務める『逆転人生』(NHK総合、毎週月曜22:00〜)。10月28日の放送は、「さようならコンプレックス 体重103キロの幸せ大逆転」。

同番組は、実際にあったリアルな逆転劇に基づき、どん底でも希望を捨てない“人間の強さ”を描くドキュメンタリー。主人公たちの数奇な人生を追体験しながら、泣いて、笑って、スカッとできるプログラムとなっている。

コンプレックスを乗り越えて幸せをつかむスイッチはどこにあるのか――。今回の主人公で体重が103kgある羽林由鶴さん(54歳)は「辛い悩みの中にプラスを見つける」のが得意だという。

羽林さんはかつては体型に悩みマイナス思考だったが、コンプレックスを脱ぎ捨てて幸せを手に。その体験をもとに、コンプレックスから恋愛や結婚に悩む人たちの相談にのったり、講演をしたりと、笑顔を取り戻す手伝いをしている。

幼い頃から太った体型を周囲にからかわれ、マイナス思考がしみついていった羽林さんは、痩せられない自分を“ダメ人間”だと思い込み、自己肯定感を喪失。恋も、夢も、人生すべてを諦めがちになっていった。その後、大きな病を患うが、入院中のとある出来事がきっかけで、徐々に考え方を変えていく。

「太ってることはたいした問題じゃないんじゃないか……」「自分もコンプレックスのない人生を生きてみたい……」、次第に大嫌いだった自分を肯定できるようになっていったという。

「見方を変えれば、つらい悩みの中にも、プラスを見つけられる」と語る羽林さんは、それに気づいたことで周囲から相談をもちかけられることが増え、異性からもモテモテになったんだそう。その後、運命の相手からのプロポーズで人生が大逆転し……。

ゲストの岩尾望(フットボールアワー)も、そんな羽林さんに恋愛について真剣相談する。

関連記事(外部サイト)