出川哲朗、夏菜と奥多摩でカモシカの撮影に挑む!野生生物のリアルガチな生態を紹介

出川哲朗、夏菜と奥多摩でカモシカの撮影に挑む!野生生物のリアルガチな生態を紹介

出川哲朗、夏菜

出川哲朗がMCとして、野生生物のリアルガチな生態を紹介する『動物リアルガチ図鑑』(TBS系)が、10月28日(月)19時から放送される。

2017年5月24日にスタートしたTBSの名物動物バラエティ『VSリアルガチ危険生物』がタイトルを『動物リアルガチ図鑑』と改め、装いも新たにカムバック。出川もMCとして復活し、スタジオの進行のみならず、自らも動物取材ロケを行い、知られざる動物の姿をリポートする。

今回はサブMCを澤部佑(ハライチ)が務め、スタジオゲストに黒沢かずこ(森三中)、高橋ユウ、中間淳太(ジャニーズWEST)、濱口優(よゐこ)、矢田亜希子を迎え、動物たちに長時間密着取材してリアルガチな生態を解明。自然界を必死に生き抜く母と子をテーマに命のドラマを紹介することに。

自然界では、動物はそれぞれの生態によって子育てのシーズンを迎えるが、野生動物が大人になれる確率は極めて低いと言われている。動物は生まれ落ちた瞬間から天敵や厳しい自然との闘いが始まるのだ。

まずは中央アメリカに位置するコスタリカで、ウミガメの産卵と生まれた子供たちの過酷な運命をリポート。浜辺には産卵のために100万匹のウミガメがやってくるが、そこにはクロコンドルなどの天敵が待ち構えており、産み落とすと瞬時に卵は食べられてしまうのだ。

生き残った卵が孵化しても、またしてもクロコンドルが襲来。はたして赤ちゃんガメは海へたどり着けるのか……。

また一時、生態数が激減したニホンカモシカにも注目。現在は数が回復してきたと言われているが、標高1000mほどの高さに暮らしており、その実態は謎に包まれているニホンカモシカ。

そんなカモシカの姿を撮影するために、出川カメラマンがカメラアシスタントの夏菜と共に奥多摩へ。出川らはカモシカを撮影できるのか? また、ニホンザルやアナグマ、タヌキ、などの野生動物の宝庫でもある奥多摩で、どのような動物との出会えるか注目だ。

ほかにも出川が動物の子育てに関するクイズを出題。さまざまな動物の子育ての知恵を紹介する。

関連記事(外部サイト)