黒島結菜演じるミチルは“他殺”ではなかった!?死の真相が明らかに『死役所』第3話

黒島結菜演じるミチルは“他殺”ではなかった!?死の真相が明らかに『死役所』第3話

自分の死を知り愕然とする坂浦眞澄(三浦貴大)

三浦貴大が、10月30日に放送される松岡昌宏(TOKIO)主演のドラマ『死役所』(テレビ東京系、毎週水曜24:12〜)の第3話「人を殺す理由」にゲスト出演する。

水曜深夜の新ドラマ枠「ドラマホリック!」の第1弾となる本作は、累計300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画が原作。あの世の市役所ならぬ「死役所」を舞台に、“生と死”“天国と地獄”といった深いテーマを、魅力ある個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる人間ドラマ。

主人公であるシ村(松岡)はあの世の市役所ならぬ「死役所」で働く職員。次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応し、ミステリアスで強烈な魅力を持つ闇の深い人物だ。松岡のほかに、黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでん、余貴美子らが出演する。

<第3話あらすじ>
シ役所職員全員が死刑囚であることを知った三樹ミチル(黒島)は、シ村(松岡)に「人殺し」と言い放つ。その瞬間にシ村が見せた表情は、普段は見せない厳しいまなざしで、ミチルは思わず言葉を失う……。

そんな折、シ役所で男が暴れまわる騒ぎが発生。ミチルとハヤシ(清原)が駆け付けると、坂浦眞澄(三浦)が「店に戻してくれ」と叫び暴れていた。自分の死を知り愕然とする眞澄。「なんで俺まで殺されなきゃなんねぇんだよ」――実は、12年前に父親が殺された自らが営む定食屋で、殺害されたのだ。さらに、まもなく子供が生まれるといい、シ村に「何とかしてくれ」と懇願する。だが他殺課で殺害されるまでの記憶をたどっていくうちに、あまりに哀しい事実と直面することに……。さらに“他殺”と話していたミチルの死の真相が明らかとなる。

関連記事(外部サイト)